« 由布院美術館 | Main | 白いタンポポ »

12/05/2004

ウォルト・ディズニー

TDL.jpg
今日はウォルト・ディズニーの誕生日だそうです。
残念ながら私が生まれる前に亡くなってしまいましたが、
彼はいろいろな人の心の中で行き続けていることでしょう。

小さい頃の私はキャラクターに興味のない、女の子らしからぬ子でした。
そんな私でもディズニーランドに行ったときの感動はとても大きく
その感動は大人になった今でも変わることはありません。
子供から大人まで喜びを与えてくれる、そんな世界を作り出した彼に感謝したい。

彼の言葉で印象に残っている言葉があります。

好きなことにだけ、のめり込みすぎないように。
そうすると他の分野への冒険ができなくなってしまう。
自分の好きなもの以外、見えないようにするのはおろかなことだ。
ちのだけのものじゃない。
私は相手に合わせてレベルを落としたりはしない。

この言葉から常に全力疾走の人生だったのだろうな、と想像しました。
かなり妥協が多い私に、考えさせられる言葉を、ありがとうと感謝したい気持ちです。

この記事とは関係ありませんが、明日からパスワードを解除しようと思います。
ご迷惑、ご心配をお掛けして申し訳ありませんでした!

|

« 由布院美術館 | Main | 白いタンポポ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12317/2157469

Listed below are links to weblogs that reference ウォルト・ディズニー:

» ウォルト・ディズニー 夢をかなえる100の言葉 [どブログ]
僕は、子供の頃、乗り物に乗るのは怖かったくせに、遊園地に連れて行ってもらえる日は、いつもドキドキしていたことを覚えています。 やがて大人になり、乗り物に乗... [Read More]

Tracked on 12/27/2004 at 08:29

« 由布院美術館 | Main | 白いタンポポ »