« December 2004 | Main | February 2005 »

01/31/2005

温泉湯豆腐

PA0_0437
温泉湯豆腐の調理水を発見しました。この時食べてからおいしさに目覚めました。
温泉の成分でくつくつと煮ているうちに、だんだんお豆腐が溶け出しておいしくなるお料理です。
雑誌で温泉で食べないとこの味は味わえない、って書いてあるのを見たけれど、福岡ではこれから寒くなるし、おうちでゆっくり食べてみたかったので購入してみました。
試してみておいしかったら、遠い所に住むお友達にも送ってあげたい。欲しい人いるかなぁ?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

01/29/2005

朝の海

PA0_0435
午前中はお天気が良かったので、お出かけの途中、海辺を散歩してみました。
誰もいませんでしたが、朝の海はすがすがしくて気持ちよかったです。
朝っていいですね。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

01/28/2005

水族館に行きたい

0117-sunameri
昨日アンビリバボーで尾びれを失ったイルカの救出の物語を見て、感動しました。
原因不明の病気におかされ、やむなく尾びれを切除したイルカに、飼育員さんの熱意でブリヂストンの技術者が人工尾びれを開発し、普通のイルカと同じ生活を送らせることができるようになる、という物語でした。
自然のものを人工的に作るのは、想像をはるかに超える難しいことらしく、試行錯誤の繰り返しで、
ジャンプしようとしたイルカの尾びれの付け根にキズをつけてしまうのですが、次の試作品が出来上がると、イルカ自ら、実験に参加しに来たのです。イルカがプロジェクトに対する熱意を理解した証のような気がして、ジーンときました。沖縄のちゅら海水族館にいるこのイルカに会いに行きたいです。

ブリヂストンの人工尾びれプロジェクトはこちら

実はこの物語、先日水族館に行く途中、動物好きの友人から聞いておりました。
写真はその時に水族館にいたスナメリです。スナメリとはいるかの親戚でちょっと小型でつるんとした形をしてました。
とてもおりこうさんで、こちらに人がいることを認識しているようで、ずっと見ていてあきませんした。
この水族館に行ってから、今までと違う楽しみ方を教えてもらった気がします。また行きたくなってしまいました!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

01/27/2005

ゆり

0127
実はカサブランカってあまり好みではありませんでした。
笹ゆりとか小さいものはかわいいと思ったことがあるけれど…。
好みではない、なんていっておきながら、やっぱりお部屋にお花があるって、嬉しいものです。
カメラのフイルムが余っており、お出かけ際に、珍しくゆりをカシャ!
薄暗い我が家の玄関で電気もつけず、の割には、結構いい雰囲気に撮れた気がします。

| | Comments (125) | TrackBack (0)

01/26/2005

夕焼け空

PA0_0370
空を見上げたら、穏やかな夕焼け空でした。
ここのところ曇り空が続いていたので、嬉しくなりました。
明日もいいことがありますように。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

01/25/2005

キラキラ

ha-2
以前箱根のガラスの森の屋外で見かけたオブジェです。
木の形をした枝に沢山クリスタルがついていて、太陽光でキラキラしていて幻想的な感じでした。
実物の方がずっときれいで、写真にはうまく撮れなくて残念だったのですが、もう一度見てみたくなりました。
うる覚えですが、あのときだけの期間限定だったのかもしれません。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

01/24/2005

とうふ料理 ななし庵

PA0_0359おいしいお豆腐が食べたくて、でもなかなか見つからなくて…。
ようやく食べることができた!と思ったお店です。
二日市温泉や大丸別荘の近くにある、おいしいお豆腐料理 ななし庵さんを、ウウのオーナーさんに教えていただき、行ってきました。

PA0_0366
できたてのざる豆腐!運ばれてきた時にふわ~っとお豆のやさしい香りが漂ってきました。
大豆は100%国産で佐賀産のふくゆたかという品種を使っているそうです。
ほんのりあたたかい、大豆のまろやかな甘さに感激しました!
最初は竹塩(竹の中に自然塩を入れて長時間焼き上げたお塩)をかけていただいて下さい、とのこと。
(このお塩も絶品で、思わず帰りにお土産に買ってしまったほどです。)
そしてこのお豆腐はおかわりできるのです。薬味のお皿には鰹節、ねぎ、千切りの大根、そして竹塩があり、お庭で咲いた、さざんかも添えられていました。

PA0_0365
揚げ出し豆腐にゴマ豆腐です。
さっきのお豆腐で作った揚げ出し豆腐はまた一味ちがうおいしさでした。
ゴマ豆腐は濃厚でまるでデザートのようなまろやかさでした。

PA0_0364

お豆腐のコロッケです。
お野菜が沢山入っており、味つけもやさしくて、なんともヘルシーでした。
揚げたてのほっこりした感じがよかったです。

PA0_0363
そして温泉湯豆腐です。お豆腐を温泉湯でぐつぐつ煮込んでいると、たんぱく質が溶け出して豆乳ができ、表面には湯葉ができます。
憧れていた温泉湯豆腐を食べることができて嬉しかったです。豆乳のまろやかな味にもびっくり。お豆腐もさることながら、豆乳にコクがあるんです。お醤油を入れた時の味を例えると、卵の黄身のような感じがしました。
湯豆腐を楽しんだ後は、残った豆乳に干し米をいれて、お雑炊にしてくださいました。
このお雑炊も絶品。干し米は昔の人の保存食だったそうですが、さらっとしておいしかったです。

このあとデザートもついて、なんとコースが一人前1300円。
もっと価格設定をあげてもいいのでは?と思うような、おいしいお豆腐で大満足です。
お豆腐が食べたくなったらまた来よう。そして今度は朝食抜きで…(笑)と思わせるほど、沢山食べる私にも、かなりのボリュームでした。

とうふ料理 ななし庵
営業時間:昼12:00-14:00・夜18:00-20:30
定休日:水曜日
予約TEL:090-1924-2036・092-924-2036
できたての暖かいお豆腐なので、必ず予約されてからのご来店をオススメします。
国道31号線沿いに看板が出ています。

| | Comments (18) | TrackBack (0)

01/22/2005

ku:nel vol.12

PA0_0354
今回のku:nelは表紙からして心惹かれました。雪の結晶!きれいですねー。
小さい頃、寒さにこごえながら自宅の庭に顕微鏡を持ち出し、自分の目で見た結晶を思い出しました。
もちろんちゃんとした方法じゃないから、きちんとした結晶ではないし、見るそばから溶けてなくなってしまうのですが、本当にきれいでした。
あのときの喜びを、この表紙で思い出したのでした。

次のページもこれまた魅力的でした。バスクのピルピル!
ピルピルとは干し鱈とオリーブオイルなどで作る、私にとって未知で気になるお料理です。
うるるんに登場したピルピルを観た友人たちと、スペイン料理を食べに行ったばかりだったので、はっとしました。
結構本格的なお店だったのに、ピルピルはメニューになくがっかりだったのですが、ku:nelを読んで納得。
スペインでもフランスでもない、バスク人。歴史的・文化的にきっとこだわりがあるのでしょう。
あぁ~。ますますピルピルってどんな食べ物なのか、興味が涌いてきてしまいましたよ…。

そして、そして。
福岡県の花さかおにいさん。
たぶんですけど、この方本人がお花を生けているところに偶然遭遇しました。
四月の魚に足を運んだこの時なのですが、さりげなく、アンティークとお花が溶け込むような、自然の美しさを引き出しているセンスだと感じました。
またもや本文を読んで納得。しっかりとした考えを持たれて、その考えのもと行動なさっている素晴らしい方ですね。
この方のディスプレイは、一つ一つ積み重ねた体験の、氷山の一角という印象を受けました。
私ごときが偉そうに表現してはいけませんが、本当にそんな風に感じたのです。
あの時、お花屋さんにも足を延ばさなかったことに後悔しました。きっと素敵なお店に違いありません。
うちからは遠い場所にあるけれど、いつか必ず行ってみたいお花屋さんになりました。

もっと書きたいことがありますが、長くなってしまったのでこの辺で…(笑)
今回の号はちょっとした身近なことが載っていて、興味深かったです。


| | Comments (6) | TrackBack (1)

01/21/2005

この機会に。。。その③

NATURAwebモニターのお知らせこれはちょっと試してみたい方にはお得なお話だと思います!

| | Comments (9) | TrackBack (6)

チューリップ

ha-1

最近チューリップをお花屋さん店頭で見かけるようになりました。
この写真は去年、お花屋さんではないけれど階段で見かけたチューリップです。
チューリップの魅力は、光や温度によって開いたり閉じたり、動きがあり違う表情を見せてくれるところだと私は思います。
お庭で咲いているチューリップも好きですが、切花でも好きです。
シンプルなチューリップだけの花束とか素敵だな、って思います。
春のお花が待ち遠しい季節になってきましたね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

01/20/2005

飛梅

PA0_0350
今日は用事があり、福岡にきてからのお友達Sさんと太宰府天満宮に行ってきました。
雪が舞ったり、晴れ間がのぞいたり、不思議なお天気の一日でした。
飛梅はまだチラホラ咲いている感じでしたが、これから沢山咲くかと思うと楽しみです。
何度かきましたが、ここの雰囲気は好きです。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

01/19/2005

ボケていたけど…

PA0_0344
今日は一人で夕ご飯でした。
それなのに、忘れてお買い得の鮪のお刺身を買ってしまったのでした。
あぁ。なんてボケてるんだろう、と思いながらいつもは作らないものにしよう!と鮪のカルパッチョにしました。
うちの主人は鮪のお刺身が大好きで、ワサビ&お醤油以外は嫌がるのです。
材料はうちにある物しかなかったですが、なかなかおいしかったです。
お刺身をお皿に並べ、きのことハーブとナチュラルチーズのスライスを上にかけて、塩コショウとオリーブオイル、バルサミコをかけたら出来上がり。
ブログにのせるつもりもなくて、記録のつもりで携帯で画像を撮ったのですが、意外に簡単でおいしかったので書いてみました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/18/2005

マリンワールド 海の中道

PA0_0331
学生時代の友人たちとマリンワールド海の中道へ行ってきました。
この辺りは国営の海浜公園になっており、公園も水族館もかなりお気に入りの場所になりました。

今回オススメしたいのが、バックヤードツアーです。入館して事前に申し込み券を200円で購入。
水族館の水槽の裏側に案内していただけるツアーなのです。

PA0_0322

普段飼育係の方が一生懸命管理されている裏側は、私にとってかなり興味深かったです。
水槽の裏側から、お魚の説明、食べているもの、また大きな海老の抜け殻を見せて頂きました。
マンボウなどは、とても人なつっこく、飼育係の方の姿が見えるとすいすい近寄ってきました。
こんなになついているのは、普段から、想像以上に大変な思いをされているだろう飼育係の方の、愛情がたっぷりな証拠ですね。

PA0_0309
以前にも記事にしましたが、水族館の生物の中で私はクラゲが一番好きです。
ふわふわと泳ぐ姿をじーっと見ていると和む気がしませんか?


PA0_0320

クラゲをはじめ、プランクトンのような小さな生物をエサとしている生物は、エサ自身の小さな小さなプランクトンをここで育てているそうです。
暖かい温度で卵は24時間で孵化し、大きな水槽に入れるそうです。
どんなプランクトンなのか顕微鏡で見たいねと、友人達と話しながら、興味深くて思わず、じーっと見てしまいました。

PA0_0319
ここは海ではありません。
パノラマ大水槽の上から、ダイバーさんが下の水槽を見下ろしている所です。うみがめや大きなサメがすぐ下をすいすい泳いでいくのが見えます。
こんなところまで中に入れていただけるとは、感激でした。

PA0_0315
うまく撮れませんでしたが、ダイバーさんが潜って、大きなお魚に餌をやっているところです。
今日は今まで見ることのなかった水族館の水槽の裏側を見ることが出来て、嬉しかったです。
このツアーをいつもやっているのかどうか、確認してこれませんでしたが、また是非参加してみたいと思える充実した体験だったと思います。
こんな貴重な説明をしてくださった係員の方、沢山質問にお答えいただいて、お礼を申し上げたいのと、
一緒にこんな楽しい機会を作ってくれた友人達に感謝する一日でした。


| | Comments (6) | TrackBack (1)

01/17/2005

町屋のカフェ

PA0_0297
週末ちょっと遠出ドライブの帰り道、ちょっとひと休みにお茶しよう!ということになり、
町屋を改築した和風のカフェに立ち寄りました。
180年以上昔の建築物だそうです。

PA0_0299

中はこんな感じでした。
お茶のフォンケーキにあずきと生クリーム添えと紅茶を飲んで、ほっとひと休みできました。
以前通りかかったときに、ピンときて場所を覚えておいてよかったです。
私は方向音痴だけど、こういうことだけは覚えていられるから不思議です。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

01/16/2005

かわいい!

昨年テレビに釘付けになったCMがwebで見れるようになって嬉しいです。
ANAの新ターミナルのCMなのですが、飛行機達が嬉しそうにしている動きがなんともかわいらしく感じました。
(Windows media playerで観れます)

そしてもう一つひきつけられたのが、スバル R1のCMです。
ペーパードライバーの私は現在車を買う必要もないのですが、てんとう虫とこの車を結びつけた方のアイディア、素晴らしいと思いました。
こんなかわいいCMだったら、なんだか気になって仕方がありません。
だって、てんとう虫ですよ。かわいすぎます!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/14/2005

フラミンゴの池

1217

去年友人と海の中道公園に行った日の写真です。

フラミンゴもきれいだったのですが、池に写りこんでいる冬らしいもの、葉っぱの少ない枝や青空ややさしい光がきれいだな、と感じてシャッターを切った覚えがあります。

最近寒くて、外へなかなかお出かけしなくなってしまった私なのですが、こうやって外へ出るとなにか発見できそうな気がしてきました。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

01/13/2005

優しい時間

倉本聰脚本のドラマ、優しい時間を観ました。
悲しいこと、いろいろなことがあるけれど、なんともいえずおだやかな空気が流れている感じがしました。
冬の静かな富良野の素敵な喫茶店が舞台ということと、主題歌に惹かれてちょっとみてみよう、と思ったドラマでしたが、これからも見続けて行こうと思いました。
平原綾香さんの「明日」はとても大好きで、私が楽しかった最後のカラオケで歌った曲でした。
とても悩んでいた時期だったけど、なぜかあの時は楽しかったのをこの曲を聴いて思い出しました。
この曲のように前向きにならなくちゃ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

憧れの…

天神・大丸で気になっている展示があります。
大京都展という展示です。
(直接のリンクがないので、大丸のTopから大京都展の催事内容をご確認いただけます。)

なにが気になるかというと、以前お雑煮の記事を書いた時に、色々なかたから、京都のお雑煮を教えていただき、かかせないのが白味噌だということが判明しました。しかもwinter-cosmosさんのコメントで教えて頂いた、本田味噌本店の西京白味噌が売っているのです。これは通販で買おうとしていただけに、かなりラッキーでした。
今日この展示に出かけようと思いましたが、あまりの寒さに断念☆気合が足りない私なのでした。このお味噌だけは、絶対に手に入れる予定です。

しかし、こういう展示って、地元の人からすると「ふうん…」って感じで、高いけどイマイチ、ってところも、たまにまぎれていたりするのでしょうか?
だって、お豆腐一丁500円って、輸送費なのかどうかわかりませんが、京都のお豆腐を食べたい人たちに、敷居を高くしちゃってませんか?
欲しいけど、残念ですが我が家ではとてもとても買うことはできないです。
京野菜とか、おばんざいとか、憧れているものの即売もあることを期待しつつ、来週にはいってまいります!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

01/12/2005

匠味アボカド山葵

1230

昨年年末、モスバーガーで匠味にチャレンジしてみました。
こんなおいしいワサビを食べたのは初めてかもしれません。
アボカドとワサビだけでも、ぱくぱくいけちゃう気がします。
匠味はいろいろ材料にもこだわりがあったのでしょうが、ワサビが格別だと感じました。
説明によると、この山葵は静岡県有東木地区を中心とした安倍川水系の清流ではぐくまれた山葵、って書いてあります。
チューブワサビに慣れてしまっている私は、摩り下ろしたワサビは別物のようにおいしく感じます。
もちろん、チューブワサビの開発も画期的で素晴らしい!って思うのですが。
福岡県にきて、柚子コショウにはまっていたのですが、ワサビを見直した一日になりました。


| | Comments (8) | TrackBack (2)

01/11/2005

吉野ヶ里遺跡

TS280028
佐賀県の吉野ヶ里歴史公園へ行ってきました。
ここでは弥生時代から古墳時代初めの集落跡や墓地跡が発掘されています。
画像奥に見えるのは北内郭といって、当時の指導者が集まり、村の大切なことを決めた場所を再現したものです。
この遺跡は以前からずっと行ってみたい!と思っていた場所でした。
近くを通ったので立ち寄りましたが、あいにくのお天気で、めちゃめちゃ冷え込んでいました。
広大な公園はあまりに寒くて、すぐに帰りたくなってしまったくらいでした。もったいなかったです…(笑)

PA0_0276
衣服や装飾品の展示物を見て感じたことは、ここは大陸の文化が色濃く受け継がれているところなんだな、ということ。日本っぽくない印象を受けました。
この土器などは実際に発掘されたものを修復してあるものもあり、その時代にあったもを、現在の私たちが目にしていることって、すごいなぁ…と感動しました。
そして、歴史にも疎い私は、なぜかこの土器を見てWhichfordのテラコッタを思い出してしまいました。
デザインこそ違うものの、風合いが似ているような気がしてしまったのです。
気が遠くなるほどの時間を経て、文化というものはめぐりめぐるということを学んだので、どこかでつながっていたら、素敵だなぁって思いました。

| | Comments (42) | TrackBack (0)

01/07/2005

Le Puits

今日は朝ごはんに七草粥を食べ、しばらく和食続きだったので、ランチは久しぶりに洋風がいいな~と思い、Le Puits(ル・ピュイ)という大衆フランス料理店に行ってきました。

PA0_0270


二階席にすわり、お料理を待つ間も、ワクワクしっぱなしでした。

BGMにフランスのラジオが流れています。

雰囲気のよさに、うっとり。。。


PA0_0271

インテリアのかわいさに感動!

壁にかかっているサヴィニャックをながめたりしていると、

嬉しくて思わずきょろきょろとしてしまう私。

PA0_0266

サラダにはピクルスの味がよくきいていて

レタスもぱりっとおいしくて、もしゃもしゃと頂いてきました。


PA0_0263


そば粉のガレットです。

香ばしい香りととろりとしたチーズが、おいしかったです。


PA0_0261


住宅街の中にある、とてもかわいいお店でした。

西鉄井尻駅から歩いてすぐ、というのも便利です。


PA0_0272

帰りにOVNI(パリの情報誌)を発見。以前お勤めしていた会社の人にwebを教えていただき、フランスの日常ってこんな感じなんだぁ…と眺めていたサイトだったのですが、紙面では見たことがなかったので、頂いて帰りました。

今回は食べられませんでしたが、次回はオススメしていただいた自家製ソーセージを食べに行きたい!と思います。
また再び食べに行きたいお店です!


Le Puits
福岡市南区井尻4-10-6
092-585-5572

| | Comments (6) | TrackBack (0)

01/05/2005

きれいだなぁ

PA0_0203
これはドライブで発見した野菜即売所で買った、小さい大根です。

名前は忘れてしまいましたが(二十日大根とはかいてなくて、品種名でした)

のびのびとした形がかわいらしいな、と感じました。

PA0_0103我が家のベランダのワイルドストロベリーは寒いのに元気です。
気がつくと実が沢山ついていたりして、けなげに思います。

普段見ているものも、ふとしたときにきれいだなぁ、って思うときがありませんか?
私の場合、野菜に多いような気がします。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

01/04/2005

お正月読んでいた雑誌

PA0_0250
日経トレンディ「新商品150 完全テスト」をお正月に読んでいました。
幅広くいろいろなものを取り扱っていて、興味のなかったものも、評価が面白かったり。
ランクとしては A 愛用品を手放しても買う価値あり、B 購入を検討中なら候補にしてもよい、 C 選ぶには慎重な判断が必要…の三段階で評価しています。
今のところ、大きなものを購入予定もないのですが、主婦としては、食器洗い機、ななめドラムの乾燥機つき洗濯機などの評価が興味深かったです。新しいものに疎い私は、たまには世の中ことを少しでも知っておかないと…。
しばらくちゃんと本を読んでいないので、本も読みたいです。
でもなんとなく雑誌ばかり読んでしまっています。

今月はku:nelにも気になる記事が。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

01/02/2005

雲からの光

0102

熊本県の草枕温泉から見えた夕焼け前の空を携帯のカメラでカシャ。

有明海の向こうは長崎県 島原半島だそうです。

雲から差していたやさしい光は、なんだかちょっと悲しい感じもする、不思議な光に見えました。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

01/01/2005

我が家のお雑煮

新年明けましておめでとうございます!今年も宜しくお願いします。

今年は初めて福岡のお雑煮にに挑戦してみよう!と思い立ち、調べて作ってみました。
あっているかどうか自身はありませんがが…その土地のことを調べてみるのも楽しかったです。
お雑煮って地元色を強く反映している食べ物なんだなぁって、今回改めて感じました。
みなさんのお雑煮のことも教えていただけませんか?ダシ、お餅の形、具材など本当に様々なのだと思います。
トラックバック、コメントして頂けると嬉しいです。


PA0_0238福岡のお雑煮のダシは「あご」という飛魚を使うようです。長崎の名物らしく、煮干よりもまろやかで濃厚な感じがします。今回は焼きあご、というタイプを使用しました。そして、もうひとつ「かつお菜」という葉ものを使います。白菜の緑の部分がちじれている感じ。これも福岡ではじめてみた野菜の一つです。しっかりしているけれど、ゆでるとやわらかく色合いも鮮やかです。お雑煮にぴったりですね。

PA0_0234我が家のお雑煮です。
ダシは焼きあご、昆布でとりました。同じ福岡でもスルメを使ってダシをとる地方もあるらしいです。
お餅は丸く、一度焼いてから入れました。ゆでるだけ、もありだそうです。
具はカツオ菜、下に大根をしく、にんじん、しいたけ、そしてお魚にブリを入れるのが福岡風なのですが、
わかさ農園のお母さん曰く、ブリはあまり好きではないので、鯛を入れると教えて頂き、その通りに作ってみました。ブリのにおいがちょっとだけニガテな私は、鯛にして良かった気がします。
薬味は調査不足だったので、三つ葉と柚子を入れてみました。

今まで食べていたお雑煮とダシも具材も違うのが、新鮮に感じます。
(今まではダシは昆布、鰹節、にぼしで具は鶏肉や筍、大根、にんじん、薬味は一緒という感じでした。)
自分が小さい頃は関西のお餅が丸い、というだけでカルチャーショックでしたが、九州のお雑煮はもっと違いましたね。
もっと詳しく調べられればよかったのですが、今年はこんな感じになりました。
来年は、もっと成長できるように頑張ろうと思ったのでした。

| | Comments (18) | TrackBack (6)

« December 2004 | Main | February 2005 »