« バラ | Main | 櫛田神社 »

02/26/2005

H2Aロケット打ち上げ

livedoor H2Aロケット打ち上げ中継を観ました。
打ち上げ10分くらい前から「…準備完了!」とアナウンスが流れ、ロケット点火したときは本当に緊張しました。
今年こそうまく衛星打ち上げに成功してほしいと思います。
こんな緊張してPCを見守ったのは久しぶりかもしれません。


|

« バラ | Main | 櫛田神社 »

Comments

僕も固唾を呑んで見守ってました。
前の号機で失敗しているので、関係者のプレッシャーはものすごかったと思います。
今のところ順調のようでほっとしました。
最後のミッションを果たすまで、順調に行ってほしいですね。

Posted by: take1 | 02/26/2005 at 19:17

take1さん、こんばんは。

いつもナイス情報を教えてくださって、ありがとうございます!私も速攻で友人okuちゃんにリレーで情報を回してしまいました(笑)

ロケット打ち上げってあんなに大げさじゃないと、だめなのでしょうか?衛星だけでなんとか空へ飛び立てないのでしょうか?知識のない私はいつも切り離される部分がかわいそうでなりません。

この衛星が順調に軌道に乗って、気象情報がよりよいものになるといいですね。

Posted by: a-carl(take1さんへ) | 02/26/2005 at 22:18

今回の衛星はかなり重たかったそうです。
気象衛星としての機能以外にも運輸目的の別の機能も積んでいるそうで。
そうなると、大きな能力を持つロケットでないと打ち上げられないのです。
ただ、今後は失敗したときのリスクも含めて、単機能の軽くて安い衛星を作って
いっぱい打ち上げようという考え方に改めるそうです。
そうすると打ち上げコストも安くなる、と。
アメリカのスペースシャトルは、使い捨ての部分をできるだけ減らすことを目的に
開発されました。日本版スペースシャトル"HOPE"(無人機)はどうなったんでしょうね?

Posted by: take1 | 02/27/2005 at 10:38

take1さん、こんばんは。

そうでしたか…。ありがとうございます。
まだまだコスト削減ですね。
去年の衛星より半分のコストになっているとはいえ、想像もつかないような値段ですものね。

HOPEについて、全く知らなかったので、調べてみたのですがプロジェクトが中止になっている、というようなことが書かれたサイトを発見しましたが正式なHPでなさそうでした。
どうなったのでしょう…?

Posted by: a-carl(take1さんへ) | 02/27/2005 at 21:30

空の上のほうは空気も薄いので、地表近くで持ち上げるのとはまた別の考え方が…などと曖昧なことを言ってもいいですか。

Posted by: Jan | 02/28/2005 at 00:35

janさん、おはようございます!

>地表近くで持ち上げるのとはまた別の考え方が…

申し訳ありません。
漠然とかわいそうだったのです。衛星を持ち上げるためにだけ存在するロケットのことが…。

Posted by: a-carl(janさんへ) | 02/28/2005 at 08:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12317/3086035

Listed below are links to weblogs that reference H2Aロケット打ち上げ:

« バラ | Main | 櫛田神社 »