« March 2005 | Main | May 2005 »

04/30/2005

ノスタルジックに温まる

熊本県阿蘇をドライブの帰り道、内牧温泉に立ち寄りました。
最初は主人が調べた一つの町湯に入り帰る予定でしたが、この下町情緒溢れる温泉街にすっかりはまってしまったのでした。
PA0_0405PA0_0407左の画像の看板の路地を曲がると、ひっそりとただずむ田町温泉。
地元の人が大切に通っている、地元の人の町湯でした。
第一印象で「ここ、入っていいのだろうか…」と一瞬ためらいました。(ごめんなさい。。。)
それでも勇気を出して入ってよかった!と思える、素朴な風情のいいお湯でした。
お湯自体がぬるっとした感触で、お風呂に入ったあとに、肌がつるつるする感じです。
田町温泉:熊本県阿蘇町内牧172 0967-32-1164

PA0_0402PA0_0404喉が渇いたので、お茶しようと立ち寄ったケーキ屋さん。
お菓子の味幸:阿蘇町内牧224 0967-32-0153

イチゴのヨーグルトムースとアイスコーヒーを頂きました。ここで面白い企画を発見。
この町では‘Tomaっとベリーな街イチゴの巻’というイベントをしており、いろいろなお店でイチゴのオススメ商品を扱っていました。(期間を延長しているそうです。)
一つのお店でお買い上げ1000円以上でゲームができるチケットをもらい、次のお店雑貨屋さんへ。

PA0_0398和雑貨と家具屋さんのおしま屋。

リーズナブルな食器でお気に入りを発見し、ティーカップを購入。
ここでさかな釣りゲームをして、景品に木製のツボ押しマッサージ機を頂きました。
店員さんがいいかたで、この周辺のお店のことをいろいろ教えていただき、せっかくだから、もうひと風呂浴びていきませんか?とお勧めいただいたのです。
PA0_0397行った町湯が、その名も「おふろやさん」:阿蘇町内牧1-262-9 0967-32-3671
お酒屋さんと町湯が一体化しています。でもそのことは雑貨屋さんで聞いていたので、迷わずに入ることが出来ました。そこで洋服を脱ごうとしていると、先ほどのおしま屋さんの店員さんが脱衣所に!「すみません!さっきゲーム券をお渡しするの忘れちゃって…!!」なんとそのチケットをわざわざお届けしてくださったのです。
ちょっぴり恥ずかしくて、思わず笑ってしまいましたが、とても嬉しかったです。
こちらは茶色のさらっとした感触のお湯でした。最初に行った田町温泉と距離も近いのに、こんな違うお湯に入れるなんて。面白かったし、お得な気分になりました。

随分行き当たりばったりな一日でしたが、
個性溢れる温泉と、親切な店員さんの優しいお気持ちで、ココロも体もあたたまったのでした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

04/28/2005

喉が渇いたら

PA0_0374喉が渇いたときにはまっている飲み物です。
リンゴ酢を炭酸水で割って、ごくごく頂きます。
これに、友人からのプレゼント、有機栽培の夏みかんのマーマレードを入れるのが更にお気に入り。
炭酸はニガテだけど、暑い日にごくたまに飲むとすかっとします。
疲れが取れるようなリンゴ酢と、マーマレードのほのかな苦味が、さっぱりして美味しいのです。
たまたま冷蔵庫のものだけで何とかならないかなーと思って考え出したのですが…
暑い日に、ちょっぴり頑張った時の、私の中のささやかな贅沢。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

04/27/2005

絵本原画展

PA0_0370PA0_0371絵本の原画展へ行ってきました。
(原画展の直接リンクを発見できませんでしたので、Topからリサとガスパールでご覧下さい。)
素敵な絵のイメージがどうしても大きくて、ぬいぐるみと別物のようなので載せてみました。
ウサギでも犬でもないキャラクター、表情とはうらはらな意外におちゃめな行動、景色(フランスだけでなく、アフリカやNYCとかにも行っちゃうんですよ!)、きれいな色合い…どれをとっても、なんともいえずかわいいです。
原画や習作を見るのは、やっぱりおもしろいです。
そして絵本のことを大人になってからの方が好きになった、ということに今日気がつきました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

04/26/2005

ゆらり、ひと休み

PA0_0341夕暮れ時、公園の隅に、きれいな藤の花が揺れているのが見えました。
引き寄せられるように藤棚の下へ。
さわやかな風に甘い香りが漂い、一生懸命蜜を集めている大きな蜂は、普段だったらちょっぴり警戒するけれど、この藤棚の下では不思議とかわいく感じました。
藤棚と、隣の大きな樫の木からの木漏れ日の下、のんびりベンチでひと休み。
なんてすがすがしい、春の夕暮れなんだろう…とほっと一息。
藤の花の紫と、若葉の萌黄色に、素敵な場所を教えてもらったような気がしました。


| | Comments (6) | TrackBack (0)

04/25/2005

意外にもカラフル

PA0_0270ビデオデッキを修理依頼しました。
以前「販売店を通すよりも、メーカーにダイレクトでお願いする方がいい!」と実感したことがあったので、メーカーのサポートセンターから直接手配しました。
出張してくれた担当者の方は、いかにも技術屋さんという感じの親切な方でした。
パカッと広げたシルバーのスーツケース。ずらりと工具が並びます。
修理をお願いしている間、修理工具の色がビビットで、ちょっとかわいいなと思ったり。
大切に使い込まれている工具たちで、様々な電気製品を元気にしてきたのでしょうね。
年月を重ねてきた道具を眺めるのは、なんとなく好きです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

04/24/2005

お散歩

PA0_0332春を通り越したくらいにスカッとしたお日様で、お散歩日和の日曜日。
山荘小路ふらで行われたこはる市へ、行ってきました。
アンティークの食器、手づくりのかわいいもの、おいしいもの…沢山並んでいて、ワクワクでした。
この市に参加されている方の、いきいきした感じ、かわいいものに対する気持ちが伝わるようです。

前回は初冬でしたが、春の雰囲気もいいなーって思いました。
PA0_0329今回買ったのは、春らしい古着のブラウスと、お魚のうろことり、かわいいシール、紅茶のティーパックです。
紅茶が入っているペーストの缶は、この前のフランス旅行の時、スーパーでお土産に買ってきたものと同じで、つい大小揃えたくて買ってしまいました。わかりにくいかもしれないですが、紫色のチケットはメトロの回数券です。こんな風に使えばお友達のプレゼントのラッピングにいいなーって、参考になりました。

帰りがけにも、雑貨屋さんなどをはしごし、嬉しいお散歩の昼下がりを過ごしました。
お散歩に最適の気持ちのいい季節になりましたね。

| | Comments (8) | TrackBack (1)

04/22/2005

しゃくなげ@わかさ農園

わかさ農園へ行ってきました。
山の斜面一面のしゃくなげが、もうすぐ見ごろを迎えようとしています。
今年はしゃくなげの当たり年らしく、しゃくなげのきれいな時期を見てもらおうと、平日も営業しているとのこと。
PA0_0290PA0_0297PA0_0282カフェの大きな窓から眺めるしゃくなげは格別です。
木の下で木漏れ日をあび、気持ちよさそうにのびのびとしています。
一斉に開花期を人工的にあわせて、がっつり咲いている植物園や庭園の華やかなイメージと、わかさ農園のしゃくなげは対極的な美しさです。
私は自然本来のこういう咲き方のお花が大好きです。
カフェでお茶しながら、ここで過ごしていると、時間の流れがいつもと全く違うのです。
遠くに離れているお友達に、手紙の返事を書いたりしながら、夕方までここでの時間を楽しみました。


PA0_0279カフェを担当している私の友人オススメは、‘今日のおやつセット’です。
おやつは半分食べてしまってからの大きさです(笑)おじいちゃんが作った夏みかんのマーマレードと、チョコレートのデニッシュ…この組み合わせ、ほかでは味わえないと思いました。
くまがえすみ子さんのあたたかい素敵な器で頂く紅茶もおいしかったです。

PA0_0301しゃくなげはいま4分咲きくらい。これから見ごろを迎えるそうです。
わかさ農園のおいしい空気や手作りパン、木漏れ日としゃくなげを楽しみに、日向峠へドライブはいかがですか?


*わかさ農園*
福岡市西区金武日向峠
TEL&FAX 092-811-4524
開園時間 10:00~18:00
       (cafeは11:30~)
open 金・土・日・祝日

しゃくなげのきれいな季節は
営業:火~日(月曜定休)
平日:12:00-17:00くらいまで営業するそうです。

| | Comments (7) | TrackBack (1)

04/20/2005

福岡県の地震

今朝6:11、福岡でまた地震がありました。
まず猫を助けてあげなくちゃ!って思い、主人とキャリーバックを出したりしながら、TVの地震情報に耳を傾けました。
その後も何度か余震がありましたが、お陰様で我が家でのたいした被害はありませんでした。
震度は前回(←実家にいたので体験せず)より小さかったものの、やはり不安でした。

新潟で地震にあった友人の気持ちが少しだけ、理解できるような気がします。

各地で被害にあわれている方、前回の地震で今も避難生活を送られている方の、一日でも早くの復旧を、心よりお祈り申し上げます。

地震を体験して思ったことは、備えが大切、っていうことです。
もちろん、物質的な備えもとても大切ですが、私は心構えも大切なのではないか、と考えます。
いつ何が起こるかわからない災害ですが、いざというときに少しでも備えておきたいものです。

2※記事にもしたことがありますが、以前友人が見つけてきてくれた、災害の訓練を受けたことがあります。
この体験はとてもよかったので、みなさんにもオススメします。
上野の科学博物館で地震展を見て、災害の怖さを学びたくなったのをきっかけに、訓練を受けました。
画像の本所防災館では、地震だけでなくいろいろな災害の訓練を受けることが出来ます。災害に関連したものもここで購入できます。福岡でもこういう施設があるといいのになーって思います。
(今日からこどもの日まで、テンプレートを変更します。)


| | Comments (12) | TrackBack (0)

04/19/2005

JOY

yuki_joy_single最近めっきり音楽を聴かないの私なのですが、
冬が終わる頃には、なんとなく毎年いいな、って思う曲が一曲は出現する。
(あくまで私の主観の感覚なのですが…)
きっともうすぐ春だー!って思うとウキウキするんだと思うのです。

JOY[MAXI] YUKI
イントロから好きな感じで、歌詞もかわいいし一度TVで見ただけでしたが気になりました。
気になった曲も、普通だったらそのまま忘れてしまう私が、
時間が少し経った今、このCDを買ったのはジャケ買いだったかもしれません。
なんとなくボッティチェリを連想してしまうような色使い、きれいだなぁって。
春っぽいかわいらしい曲で、何度か聴いているうちに、また違ったよさを感じました。
YUKIには3月ごろ辛いことがあったようなのですが、どうかこの悲しみを乗り越えて、また素敵な音楽を生み出して欲しいと思います。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/18/2005

もつ鍋とベトナム料理と

PA0_0180まだソメイヨシノが見ごろだったころ…私は生まれて初めてもつ鍋を食べました。
福岡のお料理でポピュラーなもの、なのでしょうが内臓系に弱い私は
‘自分には絶対に無理’と偏見を持っておりなかなかトライできないでおりました。
しかし予想外にも、もつ鍋は思ったよりクセもなく
「これは友人が遊びにきたら連れてこなければ!」の候補に入りました。
お店のご主人が、とてもきさくないいかたで、福岡の美味しいものをいろいろ教えていただきました。
その後話はご主人の海外旅行の話へ。イタリアの美術館の話で盛り上がった後、
PA0_0262…ご主人のお気に入りの国はベトナムらしく、私はまだ行ったことのない憧れの地だと伝え「ベトナム料理のために、レモングラスとコリアンダーとミントを育ててます!」といったところ、
「それじゃあ、これをお土産にもって帰って下さい!」とホーチミンで買ってきたという、ライスペーパーとビールをプレゼントしてもらってしまいました。
せめてお品代だけでもお支払いさせてください!といっても「今日はとても楽しくお話させていただいた、お礼です」と受け取ってくださらず。
引っ越してきた時から思っておりましたが、福岡の方は男性女性を問わず、やさしくて親切な方が多い気がします。
帰宅してから試したライスペーパーは、いつもいろいろ教えていただいている、kazyogaさんがおっしゃっていた、ベトナムのはさっと戻りやすくて使いやすい!を実感できました。
PA0_0220最近一人で食べるご飯は、生春巻きはもちろんのこと、ちょっぴりベトナム風が多いです。
これは無印で、トムヤンクンに麺が入ったインスタントものを購入しました。
お湯で戻すだけで簡単なのに、なかなかおいしいのでオススメです。

話が飛んでしまいますが、ベトナム料理のことを書いたきっかけを申し上げると、
ハノイでも反日行動があった、とニュースで見たからです。
中国のことといい、こういうニュースを見ると、心が痛みます。
難しいことが絡み合っているのだと思いますが、解決できたらいいなって思っております。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

04/16/2005

フクダカヨさんのてぬぐい当選☆

ぽかぽかとした公園でお散歩した帰り道、ポストから大きな封筒がはみ出していました。
PA0_0239フクダカヨさんの絵日記、「傘が首にかかってますけど」を@nifty booksで注文した人に抽選であたるてぬぐいに当選しましたー!
この本は、何度読んでもほんわかとした気持ちになるし、最後は感動でじんわりもできる素敵な本なので、てぬぐい当選抜きでも、買ってお徳でした。
…でも、当選はやっぱり嬉しい!
この喜びをblogに!と思い、我が家の猫と共に記念撮影。
(↑カヨさん、ごめんなさい。素敵な濃紺色なのに、猫の毛をつけてしまって。)
今後このてぬぐいは大切に、沢山使わせて頂きますね。使ってこそ、手ぬぐいだと思うので!

そして今日はもうひとつ出会えて嬉しい本を。
PA0_0238
「福岡で暮らしていくということ‘空色ノート’」です。
私が引っ越してきて、いろいろ福岡のことを教えてくださった、とても感謝している方のお店で購入しました。


本との出会いも、人との出会いと同じく、大切だなぁって思った一日でした。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

04/15/2005

Nemophila

ふとしたときに、昔のことを思い出して、励まされることはありませんか?
街を歩いていて、耳に入った懐かしい曲など…不思議と鮮明にタイムスリップができたりします。
私の場合、音楽もそうですが、植物にもいろいろな思い出があることが多いです。
PA0_0231随分昔の話になってしまいますが、私の学校は、卒業する前に一人一人にある紙をプレゼントしてくれるのです。
その紙には職員の目から見た、その学生に似合う印象のお花の名前などが書かれています。

学名:Nemophila insignis
花言葉:Success anywhere
英名:Baby blue eyes

ネモフィラは私にはもったいないくらい、大好きな花だったので、嬉しかったのを思い出しました。
黒、白など花色にもバリエーションがありますが、私の好きな色はinsignisのこの水色。

せっかく頂いた印象に恥じない人間になろう、と春に咲くこの花を見ると、元気が出る私なのです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

04/12/2005

桜吹雪

PA0_0211秋月城下町へ桜を見に行ってきました。桜に限らず、お花の見ごろは蕾が開く頃って信じていましたが、散っていく時もこんなにきれいなんだと実感。
まだ子供だった頃の思い出話なのですが…桜がキラキラ散っていく姿を見て感動した、見知らぬきれいなお姉さんに「きれい!ほんとうにきれいね。」と話しかけられ、ドキッとした記憶を思い出しました。
小さな頃にも、それなりに桜が散る姿をきれいって思っていましたが、こういう種類のきれいさって、気づくのに時間がかかるのかもしれません。

先週一つ歳を重ねた私。
今年は桜の開花が遅れたお陰で、自分の誕生日に満開の桜を眺めることができ、嬉しかったです。
年齢とともに、きれいって感覚は変化していくのかもしれないけれど、
きれいなものに対して、きれいって思えるその気持ちは、大切にしていけたらいいな、って思いました。

以下最近きれいだと思った春らしいものたち…
PA0_0205PA0_0215PA0_0207PA0_0213


| | Comments (10) | TrackBack (3)

04/08/2005

Bercy

Bercy-1
メトロ14番Cour St-Emilion駅を降りた辺りにある、ベルシー・ヴィラージュです。
かつてのワイン倉庫を再開発して、お買い物からお食事できる所など、いろいろお店がはいっています。
ここでは園芸店→花の種&球根、植物の雑誌を購入、そしてペットショップ→日本ではあまりない猫のおもちゃに感動☆などでちょこちょこ買い物をし、OLIVIERS & CO.→お友達にオリーブオイルの石鹸をお土産に買いました。
ここの夜の景色、とてもきれいでした。(画像はクリックで大きくできます)
外で食事をするひとたちが、とても気持ちよさそうに見えました。
この景色を最後に、私のパリ旅行報告をおしまいにします。
長いつたない報告を読んでいただいた方…本当にありがとうございました。
Bercy-2Bercy-3Bercy-4

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Paris おいしかったもの

eat-2eat-3eat-4
今回の旅行でモンサンミッシェル以外、お店で食事はしませんでした。
お天気も良くて、パンとお惣菜を買って公園で食べるが楽しくて。
MONOPRIXなどで対面式のお惣菜売り場では、私の注文もたどたどしい感じでしたが、なんとか食べたいものは手に入れることができました。
もっとこういうお買い物に時間が取ればよかったなーって、後から思いました。
いつかまた来れたら、頑張ろう!

Lotour-Maubourg2Lotour-Maubourg1Lotour-Maubourg3
パリに旅行に来る前にmiyaさんにだいぶお世話になりました。左はmiyaさんのおすすめバケットのお店Julienです。
しかし私のスケジュールの組み方のミスで、残念なことにお店はお休みでした。
フランスではイースター休暇でほとんどのお店がお休みだったのです。
それでもいいからお店の前まで行ってみよう!という写真たちです。
この辺りはPoujaranというパン屋さんもあり、公園や街並みの雰囲気も良くて、歩いていてとても楽しかったです。
miyaさん、いつも本当にありがとうございます!(T_T)
Paques-1
最後にそこらじゅうでイースターエッグをモチーフにしたチョコが売られていたのでその画像を。
このお店は違うお店ですが、ラデュレでマカロンと一緒に買おうか買わないか、迷った結果割れてしまいそうで諦めました。結局マカロンも割れちゃったのですが、帰ってきて皆で食べたところ大好評でした。

余談ですが、お買い物をするときにとても挨拶が大切だなーって感じました。
お店に入るときには「Bonjour!こんにちは」出るときには「Merci.Au revoir!ありがとう、さようなら!」と挨拶するのが、なかなか恥ずかしくて。
でも挨拶をきちんとすると、お店の人も優しく接してくれたような気がします。。。私の気のせいかもしれませんが(笑)
こちらが礼儀正しくしようと努力すれば、向こうにも気持ちが通じたのか、「ニコッ」って笑ってくれたりするのが、とても嬉しかったです。
笑顔って、言葉とかそういうのを超えたコミュニケーションだと今回で学びました。ちょっと大げさでしょうか?


| | Comments (6) | TrackBack (1)

Versailles

Versailles-1Versailles-2Versailles-6Versailles-4Versailles-5
ヴェルサイユ宮殿へ行った国鉄C線の列車とヴェルサイユリブゴージュ駅です。メトロはわかりやすいのに国鉄の乗り方は調べるのに少し苦労しました。フランス語がわからない私に最初はちょっと面食らっていたけれど、だんだん打ち解けてくれた親切な駅員のかたに、感謝します!
宮殿は混雑すると聞いていたのでオープンと同時にカルトミュゼで入りました。どうしてこんな豪華な建物が作れたんだろう?と感心してしまうくらいの建物でした。本当は宮殿よりも庭園を楽しみにしていましたが、曇り空になってきてしまったのであきらめました。それにしても広い広い敷地にびっくりでした。下の段右の乗り物は庭園の半分以下の敷地を回る乗り物です。45分くらいかけて一周します。マリーアントワネットのお庭、見てみたかったー。残念です。

| | Comments (70) | TrackBack (0)

04/07/2005

Mont St-Michel

mont_stmichelパリから片道約400kmの旅モンサンミッシェル修道院へ行ってきました。修道院が砂地から高く浮かぶ姿は本当に神秘的でした。
どうやってこんなを建設したんだろう、って考えさせられます。
アクセスですが本当は鉄道TGV+バスの個人旅行にしたかったのですが、事前に調べた結果、色々考えて旅行会社のバスツアーにすることに。
のんびり窓の外を眺めながらの長旅のバスツアーになりました。
外に見える景色の素晴らしいこと。羊の放牧、木についているヤドリギが印象的でした。

mont_stmichel3mont_stmichel4mont_stmichel5
観光地だけあって、郵便局の看板もとてもかわいかったです。
ランチは名物のプーラールのふわふわオムレツやムール貝をご馳走していただきました。オムレツ自体に味はあまりありませんでしたが、何事も経験です!?ムール貝やシードルもおいしかったです。
修道院までの細い道に沢山のお土産屋さんが連なっていました。
人ごみをかき分け、実際に入ってみると、数世紀の間増築を繰り返した建物のため、時代の流れを感じられずにはいれません。
苔むしている城壁から、干潟の遠くまで見渡していると、自分はいったい今どこにいるんだろう?と、なんとも不思議な感覚がしました。

normandie-3normandie-4normandie-1

モンサンミッシェルへ行く途中でノルマンディーのウーロンアオージュに立ち寄りました。
バスから見える景色も素敵でしたが、村に立ち寄れたほんの少しの時間がとても印象に残りました。
樫の木で作られた木骨組のおうちがなんともかわいらしかったです。
リンゴが名産ということで、シードルを購入し、絵葉書を買いました。バスの中でお世話になった人たちにお手紙を書いたりしました。

かなり移動時間が長い一日でしたが、ここに来ることが出来てよかった!と思える日でした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

04/06/2005

Paris お決まりの…

EiffelEiffel-2パリといえば憧れのエッフェル塔です。
街を歩いていて見えるエッフェル塔も素敵でしたが、シャンドマルス公園からどーんと見えるのも、嬉しかったです。
意外にもパリの象徴とも思えるこの塔の建設も、最初は住民の猛反対にあったそうです。
20年という存続期限でようやく許しが出たそうですが、取り壊しのころ発明された無線通信の利用価値があるとわかり、存続が決定したそうです。長い年月の間に、パリの人たちもだんだんエッフェル塔が好きになったそうで、現在に至っているようです。
もしかしたら、取り壊されていたかもしれないなんて、ちょっと想像できませんでした。
夜のライトアップも素敵でしたが、時間によってキラキラと点滅する姿もとてもきれいだと思いました。
凱旋門の長い階段を上がって、遠くから見たエッフェル塔はその瞬間、シャンパンのあわのようにキラキラしており、感動しました。(クリックすると画像が大きく見えます。この画像はデジカメです。)
これでも夜の8時に撮影したのですが、まだ明るいですね。

MontmartreMontmartre-2白く見えるのはモンマルトルの丘の上に立つ、サクレ・クール聖堂です。
いいお天気で白い建物が青空に映えて見えました。
ここは本当に沢山の人でごった返していて、たどり着くまでに沢山の勧誘?があったのですが、覚えた言葉Non merci!「いいえ、結構です」が役に立ちました(笑)左側の画像の丘を下る時の階段もなんだか素敵でした。
こんな風に景色一つ一つに喜んでしまっていた私なのでした。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

Paris Segway

Louvre-2余談なのですが、ルーヴル美術館からの帰り、かわいらしい乗り物に遭遇しました。そのとき名前を知らなかった私ですが、帰国してから、いろいろな人に教えてもらったところ名前はSegwayというらしいです。
(リンク先の情報が古くてごめんなさい。)

くるくると走り抜けていく、かわいいような、かっこいい少年達を見て「あぁ、私は外国にいるんだなー」って思ったのでした。
こういうの、興味ある人は面白いと思いそうですよね。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

04/05/2005

Paris 美術館

Louvre
沢山ある美術館の中から、行きたかった候補はルーヴル、オルセー、オランジュリー。
残念ながらオランジュリーは4年間もずっと改装中ということで、前者2つに行ってきました。

ルーヴルでは、有名な作品を駆け足で見ただけでしたが、情報通り本当に広くてびっくりでした。
そして宮殿のうつくしいこと、その豪華さとはうらはらに足元が地面のまま(砂利道?)だというギャップも、日本の造園業ではありえないなーって、感じました。
コの字型の宮殿にそれぞれ名前がつけられており、方向音痴な私はガラスのピラミッドを頼りに、地図とにらめっこ。
モナリザ、ミロのヴィーナス、モトラケのニケ…あまりに有名な作品を目の前で見ることができたことに感動!
特にミロのヴィーナスには、古代からこんな完璧なな美しさを作れたことに驚きました。

Orsay-1Orsay-2今回の旅行で一番行きたかった場所、オルセー。
かつて駅→ホテルとして使われた後、現在の美術館になったそうです。建築物の面白さも楽しめました。
画像左は現在も動いている、時計を裏からみたところ。右は美術館内のカフェです。作品を少しでも見たかったので、お茶はしませんでしたが、窓の外からパチリ。
印象派が多く展示されているオルセーではやさしい、ふんわりとした好きな感じの作品が多くて、とても嬉しかったです。
オランジュリーで見たいと思っていたモネのNympheasもここで見れました。
絵に夢中で一人の世界にに入り込みたい!って気分になりました。
ジヴェルニーの庭園、いつか必ず訪れたい場所になってしまいました。

そしてパリの美術館・博物館を巡るときに便利だと思ったのが、カルト・ミュゼです。
目的の計画によってよしあしは変わってくると思いますので、詳しくはこちらを参考になさってください。


| | Comments (4) | TrackBack (0)

04/04/2005

出産おめでとう

0404旅行の報告を早くしなくては!と思いつつ、今日別の出来事でとても嬉しいことがありました。
福岡へ来てからのお友達Sさんが、かわいい女の子を出産されました。
今日病院へ会いに行ってきましたが、感動してしまいました。
赤ちゃんとお母さんって、神々しく見える気がします。
いつものように元気いっぱいのSさんに、私にとって未知の世界である出産の話を伺いました。
不思議なことでいっぱいでした。

お祝いは、生まれる前から女の子であることと、名前を教えてもらっていたので、それにちなんだものをと思いました。
桜のお花とMoulin Rotyの熊のぬいぐるみが赤ちゃん用、2歳のお兄ちゃん用にオルセーで買ったELMER(イギリスのキャラクター?かもしれませんが、中身はフランス語でした。。。笑)のぬりえです。
赤ちゃんってどんなに見ていて飽きません。
私には子供がいないので、育児の大変さははかりしれませんが、
育児ってどんなことよりも素晴らしいことなんだろうな、って思います。
今日出会えた赤ちゃんの健やかな成長をお祈りします。

本文と関係ありませんが、ついでに。。。
0404-2お土産に美味しいパンでも、と思い久しぶりにボンラパスへ行くと向かいに、福岡の雑貨屋さんでかなり好きなお店のひとつ、B.B.B.POTTERSが移転オープンしていました。
かわいい雑貨屋さんって、心のビタミンって気がします。
また見に行きたいなと思いました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/01/2005

Paris ディスプレイ

FH000002

パリ一日目、朝早く目覚めたのでホテル周辺をお散歩したのち、メトロに乗ってマドレーヌ広場へ。
時間に余裕があったので、少しだけお買い物をすることにしました。
クッキーをラッピングしてもらっている間「お店の写真を撮ってもいいですか?」とおそるおそる尋ねると、にっこり笑って、いいですよと了解してくれたスタッフのかた。
フランス語がまったくわからない私は、挨拶とほんの少しだけの言葉しか覚えられませんでしたが、それでもコミュニケーションがとれたような気になって嬉しかったです。
挨拶については後ほど述べたいと思いますが、本当に大切なことなんだなーって実感しました。


FH000003FH000004写真を撮らせていただいたお店はマドレーヌ広場にあるHEDIARDです。
紅茶、ワイン、チョコレート、クッキーetc,様々な食品を取り扱っていました。
このあたりには沢山素敵なお店がありましたが、どのお店もディスプレイのおしゃれさに感動してしまいました。
めちゃめちゃカラフルなんだけど、見事に色が調和していたり。
古いものと新しいものが斬新に組み合わさっていたり…。
このお店だけでなく、いろいろなお店で見たことのないセンスに感動してばかり。
街を歩けただけでぽわーんと幸せになってしまった私なのでした。


| | Comments (13) | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | May 2005 »