« July 2005 | Main | September 2005 »

08/31/2005

ミュシャの缶コーヒー

TS280130-2私がミュシャ展を見に行ったのを知っている方からミュシャの缶コーヒーの話を聞ききました。
コンビニにも用事はないし、缶コーヒーを飲む機会が少ないので、初耳でした。
里帰りしたときも、スーパーで発見して喜んでいたのに、九州にはないのかな…と残念がっていたら、湯布院で見つけました。こんなに沢山。
思わず缶で選んで黄道十二宮を買いました。フレンチカフェオレ、おいしかったです。
私のような人間がいるから、パッケージって大切なんですね。


| | Comments (81) | TrackBack (0)

08/30/2005

いいかおり

PA0_0241雨上がり…いい香りがするなぁと、探してみたら、凛とした白いお花が咲いていました。
上品で、甘すぎず、すっきりとしたこの香り。
ジンジャーの一種でしょうか。
次々に新しい花を咲かせています。
雨上がりや、夕方に特にいい香りがしてくるので、帰宅する度に、このお花に楽しませてもらっています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/29/2005

唐戸市場

PA0_0229PA0_0230PA0_0232湯田温泉の帰りに下関市唐戸市場に立ち寄りました。
11時ごろ到着したので、お寿司を買えるあたりは、お昼ごはんを食べる私たちのような観光客でごったがえしていました。
1かん単位で買えるお寿司は、ふぐも100円くらいで買うことが出来ます。季節じゃないし、養殖だと思いますが、ぷりぷりしていて、おいしかったです。
いくつかのお店で気に入ったものをチョコチョコ買い、せっかくなので、海を見ながらお昼ゴハンを頂きました。
想像では、もうすこし地元の人が買い物に来るような市場と思っていたのですが、こんな風に少量単位で購入できるシステムなっていたのは助かったと思います。
お土産にふぐのちくわと橙のお酢を購入。青い海と関門海峡を眺め、気持ちのいい時間を過ごすことができました。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

08/28/2005

トラの赤ちゃん

山口県 秋吉台サファリランドへ行ってきました。
赤ちゃんトラと一緒に写真が撮れるということで、主人が楽しみにしていました。
とてもかわいいけれど、鳴いている声は太くて低いのでびっくりしました。赤ちゃんといっても、さすがはトラです。
サファリでいろいろな動物を見たり、触れ合ったりした帰りは景清洞トロン温泉へ入りに行きました。広々としていて、お湯もいいにおいがしていて、とても気持ちいい温泉。
鍾乳洞も行きたかったけれど、はしゃぎすぎてちょっと疲れてしまったので、見通し抜群のカルストロードを通って湯田温泉へ。
足湯につかったり、美味しいご飯を食べたり…のんびりと過ごすことが出来ました。

PA0_0182PA0_0178NO FINDERのたかさん、山口情報をいろいろ参考にさせていただき、お陰さまで楽しむことが出来ました。ありがとうございます!
湯田温泉の外郎は、私の知っている名古屋のういろうより、上品な甘さでとてもおいしかったです!
今度は冬のふくを食べてみたいと思っております。

| | Comments (9) | TrackBack (1)

08/26/2005

四つ葉のクローバー

高速道路のPAで見つけました。
いいことがありますように…050826_104402.JPG

| | Comments (6) | TrackBack (0)

08/24/2005

癒し

PA0_01568月22日鈴木重子さんのライブに行ってきました。
前回の渋いパステルカラーのドレスの雰囲気と、今回の真紅のドレスで印象が違ったので、出てきた瞬間ドキッとしました。
それでも彼女がひとこと歌いはじめると、あのやさしい雰囲気は同じでした。
私はもしかしたら、歌声や音楽はもちろん、話し方や身のこなしに憧れて、彼女のファンになったのかもしれないと思ってしまうくらい、きれいな言葉使い。
曲の説明も優しく明快で、曲が始まると心の中に情景が浮かんでくるようです。
眠るように気持ちよくなって下さい、という言葉のとおり、ふんわり癒された夜でした。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

なんとなくおもしろい。。。

PA0_0036NHKで7:45-7:50の朝5分間やっている「だいすきマウス」が、今週でおしまいらしいです。
とても残念です。
マウスが自動車やチーズやコーンフレークなどの工場のしくみをナレーションで説明するという感じなのですが、オープニングとエンディングのアニメーションがおしゃれでかわいく、毎回楽しみでした。
また「チーズにはなんで穴があいているの?」など、視点もおもしろいのです。

教育TVには心惹かれる番組が多くて、楽しいです。なんとなくついつい見てしまいます。
そのうちのひとつ、クレイアニメのニャッキ!を作っている方が今夜の課外授業ようこそ先輩に出るそうで楽しみです。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

08/23/2005

甘味処 スワン@點

PA0_0160昨日二日市のアンティーク店、點(てん)さんで、おいしいかき氷をいただけるイベントがありました。
昭和のかき氷のスワンからは、ふわふわの氷が!こんなかき氷を食べたことがありません!
とてもかわいいレトロな食器と、熊本で美味しいジャムを作っていらっしゃる、Marcadetteさんの季節のフルーツのシロップをかけて。
點さんにあるもの、使っている机やポットなど、みんなレトロでおしゃれなのですが、特にシロップの入っているビンが素敵で、密かに目が釘付けになってしまいました。
ぶどう・レモン・晩柑・パッションフルーツ・桃などのシロップに加えて、ベトナムのかき氷チェーや、最高級抹茶や白玉を使用した、宇治金時まで!
どれをお願いするか、食いしん坊の私は決定まで、時間がかかってしまいました。
PA0_0162迷って、迷って晩柑(300円)にしました。(画像右下)ご一緒した方たちはパッションフルーツと宇治金時を。
それぞれ味見をさせていただいたのですが、どれも甘さがさっぱりしていて、すーっと溶けてどんどん食べれてしまう感じ。
點さんの雰囲気のよさ、スワンの性能の偉大さと、Marcadetteさんのシロップのおいしさを、堪能しました。
日ごろお話したいなぁと思っていた方と、ゆっくりお話できて、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。
またお店にもゆっくり伺いたいです。

點 筑紫野市二日市中央6-6-20

| | Comments (45) | TrackBack (1)

08/21/2005

続・がんばれ

CBIMG001昨日の記事で、あさりから出てきた、ちいさな子がにを取り上げましたが、無事有明海に返すことが出来ました。
子カニがちいさくて、わかりにくい画像でごめんなさい!
雨の傘さし撮影はいけませんね?

丸いガラスのフラワーベースに、ごま塩色の石が入ってます。その上に、子がにが見えるでしょうか?
水質を急に変化させるといけないと思い、放流前に海水を入れてあげると、ぐったりしていたのに、口をぱくぱく動かしたり、はさみを動かしたり!!
本当に嬉しかったです。
有明海の干潟には、同じくらいの子カニちゃんから、大人のカニまなど、沢山の生き物がいました。
ここでなら、自然にもまれながら、元気に生活してくれると思います。
けなげに頑張っている姿を見ることができ、私も元気をおすそわけしてもらいました。
子カニちゃん、どうもありがとう。

PA0_0134余談ですが、去年有明海でみたシチメンソウ
今日偶然見たら、少しづつですが、赤く染まってきていました。
ドライブしている途中、街路樹のハゼもほんのり色づいていたり。

だいぶ暑さも和らいで、秋が近づいている証拠ですね。


| | Comments (3) | TrackBack (0)

08/19/2005

がんばれ

PA0_0131あさりを塩抜きしていたら、すいすいすい~っ!と素早く動く影が。
ゲンゴロウのように足をぱたぱたと泳ぎ(!?)スプーンですくってみると、なんと小さな赤ちゃん蟹!
あまりにかわいいので、アサリの入っていたパックに塩水と一緒に入れ、お腹がすくといけないので、煮干や食パンの小さな切れ端を入れてみました。
夜になっても、小さなはさみを動かして、元気に動き回っていたのですが、残念ながら、朝には動かなくなっており。
悲しいけれど、もうだめかな?自然に帰してあげられなくて、ごめんなさい、とお詫びして、いたところ…
なんと、再び動き始めました!
よかったー。明日までなんとか頑張ってもらって、故郷有明海に返してあげられたらいいな、と思ってます。
※どれくらいの大きさか、比較対照物として右側に楊枝の先端を写してあります。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

08/17/2005

ゆふいんの畑から

PA0_0061湯布院のにぎやかなとおりから、このお庭を通り抜けて、靴を脱ぎ、廊下を歩くと静かな、和風のお部屋になっていました。立ち寄り湯など、お宿も気になったのですが、今回はランチだけ楽しむことに。
メニューはゴマ豆腐にお野菜のてんぷら、しんじょうに、こんにゃくのぴりっとした煮付け、地鶏、白いゴハンにお味噌汁とお漬物…で1200円。食後に場所を移して挽き立ての珈琲も楽しめました。
てんぷらは小さくいろいろな種類のお野菜があって、野菜自身の味を楽しむためだと思うのですが、お塩や天つゆなど何もつけないで頂きました。あまーい!と食べながら嬉しくなってしまう野菜たち。
帰りにここの料理長をされていた方の出した、ゆふいんの畑からという本を買って帰りました。
お料理に対する思い、それだけを読んでもおもしろい!
だしのとり方、など早速帰ってから試してみると、この本のコツで、我が家のだしがおいしくなってびっくり。
憧れている、クレソンのスープのレシピなどもレシピに載っていました。
これからしばらく、我が家の食卓には和食が続きそうです。

お盆休みだったので、かわりに、草庵秋桜を教えてくださった、親切な江藤農園さん。
今度は必ずお野菜を買いに伺います!ありがとうございます。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

08/16/2005

別府八湯ウォーク

PA0_0086週末別府~湯布院へ行ってきました。
夏の温泉も気持ちいいことを、初めて知りました。
別府は温泉の湧出量日本一の街。いたるところに大小さまざまな温泉がありました。
100円で入れる地元の人が通う温泉。素敵な雰囲気の露天風呂。コロイド湯や泥湯など、個性あふれる湯質。
温泉だけめぐっても楽しかったのですが、せっかくなので別府の街を知りたい!と思い、一人で別府八湯ウォークに参加してきました。
別府八湯ウォークとは、路地裏やレトロな建築物を見ながら、地元ボランティアガイドに案内してもらうウォーキングツアーです。
私は「竹瓦ゆうぐれ散策」に参加。予約も要らず、集合場所で待っているだけ。ありがたいシステムです。
コースも名所ばかりでなく、ガイドブックに乗っていないような地元民が通う、路地裏の温泉前まで行ったりして「えっ?こんなに狭い通りに入っていくの?」とどきどきしたりして、新鮮。ドア一枚隔てただけの町湯からは、ぼこぼこと温泉が湧き出る音まで聞こえてきました。
夕ご飯を食べる予定の洋食屋さんの三ツ葉グリル前を通りかかったので「夕ご飯、ここで食べようと思ってるんですけど…」ガイドさんに聞くと「あぁ、ここはおいしいですよ。カボスを絞った、大分名物とり天がおすすめかな。」と、教えていただいたり。
画像はツアー終点の竹瓦温泉。立派な木造建築ですが、立ち寄り湯は100円です。
この温泉の前のカフェで名物ゆず饅頭とお茶をご馳走になって、竹瓦ゆうぐれ散策は終了。料金はたったの500円という、私にとって有意義なウォーキングを過ごすことが出来ました。
終了後に、ツアーで歩いた道のオススメを試してみると、夕ご飯も温泉もとてもよかったです!

| | Comments (5) | TrackBack (0)

08/12/2005

思い出バトン

I Believe!のRENEEさんより思い出バトンがまわってきました。
いろいろなバトンがありますが、みなさんのを見ることが結構好きだったります。
RENEEさん、平凡な思い出ばかりでごめんなさい。こんなのでよろしいでしょうか?

Q1:小中高の中で一番思い出のある時期は?

一番自由に過ごしていた高校生時代。
音楽も聴いたし、本も沢山読んだし、華道部を立ち上げたり。勉強以外の大切なことを沢山学べた時期。
入学時とはうらはらに、卒業するころには大好きな学校になっていました。

Q2:一番お世話になった先生はいつ?

小学校の担任Y先生。リンドグレーンとかナルニア国物語など、本の面白さを教えてくれました。
Y先生からは思い出に残る言葉が多くて、そのうちのひとつ、
「信頼を築きあげるのは難しいけれど、失うのは一瞬でできる」という先生の言葉が忘れられません。

Q3:得意科目は?
好きだったのは生物。
植物細胞を顕微鏡で覗くのが、たまらなく好きでした。
大人になってから、国語が出来る子に「○○ちゃん(私)に負けたくなくて、密かに対抗してた」といわれたことがあって、光栄だなぁと思いました。
あとは音楽とか美術とか。誰でも評定平均をあげられる教科ですね。

Q4:苦手科目は?
物理、数学、政治経済。

数学で難しい文字式を解いて塾の賞状をもらったことが。今思えばあれはイヤミだったのかも(笑)
今となっては社会科だけは、頑張っておけばよかったと後悔してます。

Q5:思い出に残ってる学校行事3つは?

1.小学校のクラブ。合唱や合奏、演劇といろいろなことにチャレンジしてました。
2.中学校の部活。大人数でしかも、先輩が厳しかった。文科系なのにノリは運動部!
3.高校の修学旅行。京都の美しさに感動。実は最初乗り気でなかったのですが。

Q6:クラスでのキャラは?

そういうのは人が決めることだと思うので…。
学生時代の友人のみなさん。よかったら教えてください。

Q7:学生時代の呼び名は?

名前で呼びつけ&名前+ちゃん。

Q8:好きな給食のメニューは?

小学校時代の「煮込みハンバーグ+菜飯」
「揚げパン+牛乳」
今でも猛烈に食べたいです。
再び給食を食べたいという希望だけで、教員免許の授業を取ろうと真剣に悩んだくらい。

Q9:学生時代の友人はあなたにとってどんな存在?

空気のような存在だけど、とても大きくて、言葉にできないくらい大切な存在。
存在自体にとても感謝しています。
全然会っていないのに、久しぶりに会えると、学生時代にタイムスリップできてしまう、不思議な感覚。
私のような人間と、長い間付き合ってくれている友人は、よほど出来た人間なのではないかと思います。
本当に友人運には恵まれています。いつも本当にありがとう。

Q10:次にバトンを渡す5人は?
バトンをお渡しして、どんな思い出をお持ちか伺いたい方はいるのですが、とりあえず立候補者を待つことにします。
渡して欲しい方、いらっしゃいますか?コメント初めての方でもOKですよー。

RENEEさん、ごめんなさい。私のところで途切れる可能性大です。
でも、楽しい企画をありがとうございましたー。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

08/11/2005

里帰り ③

KIHACHI里帰りの最後は、夕方の羽田でちょっと早い夕ご飯を食べました。
前回春に里帰りしたときに、新しくなった第二ターミナルはさらっと見たので、今回は第一ターミナルの辺りを見ていたら、新しいお店が出来ていました。
別のフロアには工事中のところもあって、部分的に改装中といった感じ。
どんな風になるのか、ちょっと楽しみです。

搭乗手続きも済んで、どこかで休憩しようと思い、お店に入りました。
席についてサンドイッチを注文し、ふと目の前を見ると、大きなガラス越しに飛行機が離着陸している姿が良く見える!嬉しい!!
私は飛行機を眺めるのが好きです。あんな大きな鉄の塊が空を飛ぶなんて、いまでもピンとこないですし、不思議でなりません。

BLTサンドもとても美味しかったし、飛行機は堪能できたし、いい休憩時間を過ごせました。
これから旅行に行く人。帰ってきた人。様々な人が訪れる空港のレストランは食事が美味しいことも、ゆったりと休めるスペースも大切だと思います。そういう意味でこのお店はとてもよかったです。

Air Terminal Grill KIHACHI

| | Comments (5) | TrackBack (0)

08/09/2005

里帰り ②

Hills里帰りの途中寄り道して、美術館へ行きました。新日曜美術館のアートシーンでチェックしていた、フィリップス・コレクション展です。
いろいろな作品がバランスよく見れて、アートの教科書というタイトルになるほど!と思いました。

森アーツセンターギャラリーに着いた時にはもう日も暮れかかっていて、展望台からの景色もきれいでした。時間がなくて数枚ですが夜景を撮影したので、後ほどflickrにupしたいと思います。

ルノワール「舟遊びの昼食」は、人々が楽しむ姿が、大きく美しく描かれていました。
解説を聞くと、登場人物それぞれの紹介がされていました。手前左側に描かれているルノワールの婚約者のことから、帽子が常識だった当時に無帽のジャーナリストは自由の象徴でもあるなど、絵の中の人物がまるで話し出すかのように見えてしまう、不思議な感覚がしました。

なかなか美術館に行く機会が持てませんが、行くと良かったといつも思います。
実物をこの目で見れるということは、本当に素晴らしいこと。
今回は美術館に行っている場合じゃない帰省でしたが、行くことができてよかったです。
無理をするのは好きじゃないけれど、あきらめないでやりくりすることも大切なんだな、と思いました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

08/08/2005

里帰り ①

10日以上前ですが、里帰りの報告をしたいと思います。今回の里帰りも前回と同じく入院中の妹のことや、自分の書類の手続きをしたり、ほとんど用事でうまっていました。
帰ったからにはいろいろな人と会いたい…でも都合をあわせることができない帰省だったので「帰省します。会いたいけれど、前回みたいに、ばたばたスケジュールです。」と友人・先輩方に同じ内容のメールを送りました。
失礼で申し訳なかったのですが…それでも!と申し出てくれて、会ってくれた友人たちに感謝の気持ちでいっぱいです。
激務なのに有給までとってくれたokuちゃん、遠くから電車に乗り、都合をやりくりして気を使ってくれたYちゃん、1歳になったばかりの赤ちゃんを連れ、2時間以上の道のりをかけつけてくれためーちゃん、うちの近くのタリーズで20分のために時間を作ってくれたR…みなさん本当にありがとう。こんなワガママな私をどうかお許しください。

2005なかなかお休みができないのに、私の希望をかなえてくれた友人okuちゃん。朝イチで美容室へ連れて行ってもらいました。前回ぶらりと入ってから、里帰りしたらここのサイトウヒロユキさんに2人一緒にカットしてもらうのが、密かな楽しみだったのです。
お任せでお気に入りにできる、この安心感。まだ2回目なのに、不思議です。okuちゃんも同感だったようで「自分でやりたかったヘアスタイルが思いつかなくて、漠然とSWのルーク・スカイウォーカーみたいにして欲しかったのだけど、それを口に出さなかったのに、仕上がりが似ていて嬉しい!」私はそんなokuちゃんのセンスが大好きです。サイトウさん、本当にまたいつか、行ってもいいですか?
PA0_0053美容室の1Fは洋書・雑貨を取り扱うお店になっています。さくっと見るつもりが、一目惚れのハードカバーノートを発見。アルバムにしたいと思い、取り急ぎレジまで持っていくと「これ、おまけですから、どうぞ」とつけてくださったものが嬉しくて!アレキサンダー・ジラルドのデザインパターンと同じ素材で作られた小さな袋に、2冊のミニ本とルーペが入ってました!とてもツボです。2年前に発売されたPetit Glam no.7の紹介の本だったのです。上の美容室で渡された本でISSUEについて読みふけっていたので、デザインにに心惹かれたのかもしれません。ノートに出会えたのは、okuちゃんのお陰です。本当にありがとう。

まだまだ書きたいことがありますが、この続きはまた今度。
お友達への私信で、申し訳ありませんがあと1-2回ほど里帰り記事が続きます。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/05/2005

花火

PAP_0037花火を見ました。
シンプルで無駄がない、風流な美しさ。

どーんと響く音と一瞬の光に見とれて、暑さを忘れるようです。

気がついたら、毎年違うところで花火を見ているわたし。
来年はどこで見ることになるのか、自分でも予想がつきません。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

08/04/2005

お土産

PA0_0031先日の鮪をおすそ分けしに、七隈線に乗り友人宅へ。
彼女の家に待っていたお土産にびっくり!
名前を失念してしまったのですが、よくイタリア食材で見かける細長いトマトと無農薬バジル!
「これにハーブとお塩とパルメザンを乗せてグリルするとおいしいよ」と教えてくれて、早速試してみたのですが、濃厚なトマトの甘さに感動しました。
このおいしさをサンドライトマトにできたらいいのに…。日本の気候だと難しいのでしょうか。
彼女が作ったおいしいトマトを生かせるレシピをこれから一生懸命考えたいです。

PA0_0003そして天然酵母のルヴァン&桜新町のベッカライブロードハイムのライブレッド。中央右側がベッカライのライブレッドなのですが「私が食べたかった懐かしい味はこれ!」と思うようなすっぱい味がしました。
上のナッツとドライフルーツがぎゅーっと詰まっており、パンというよりは、ナッツとフルーツを食べている感じがするくらいぎっしり。丸いパンは真ん中に皮ごとのアーモンドがちょこんと入っていて、香ばしくておいしかったです。
他にも写しきれないくらい、沢山の種類のパンを大切に冷凍保存してくれていました。これから有難く頂きます。


PA0_0005画像がピンボケしてしまってごめんなさい。
これはヒノキバヤドリギだそうで、椿の木に寄生していたそうです。
私はオリーブ色の普通のヤドリギしか見たことがなかったので、まじまじとみていると「あ、これもお土産リストに入ってるの。良かったら飾って。」と彼女。
このヤドリギが実際に生えているところを見てみたい。きっと素敵だろうなぁ。
都内の野草系の花屋さんとかにあったら…など想像がふくらんでしまいました。

本当なら遠慮するべきくらいのもりだくさんなお土産でしたが、私にとってあまりにツボでずうずうしく全部頂いてしまいました。
こんなにも自分のツボをわかってくれている友人に、心から感謝する一日でした。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

08/03/2005

maguro以前お仕事をしていたときに、お世話になった方より、鮪が届きました。ご旅行先の久米島で釣れたそうです。
釣り好きなご夫婦で、シーズンのお魚を、昔住んでいた我が家まで届けてくださってました。
新鮮な一本釣りのお魚も嬉しいのだけれど「釣れすぎて困っちゃうんだよ」と大漁でウキウキしているご夫婦の姿を見るのが、私は嬉しくて…。
確実にウキウキ気分まで、お魚と一緒におすそ分けしてもらってました。
Iさん、ありがとうございます!大漁ウキウキ気分は、宅急便と一緒に我が家へ届きました。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

08/01/2005

暑中お見舞い

sea暑中お見舞い申し上げます。
暑い日が続きますが、いかがお過ごしですか?
少しでも涼しくなるよう、二丈の海へ行ったときの画像を。

里帰りして1週間ぶりの福岡は、雨のためか関東より涼しく過ごしやすく感じます。
ばたばたと用事をこなす里帰りだったのに、都合をつけ遠くから私を訪ねてくださった方々に感謝いたします。
里帰りの報告は、フイルムを現像する週末以降くらいに、ちょこっと記事にする予定です。

ついつい夏はだらけてしまう私ですが、これで確かめてみたところ、運動しなくてはいけないことが判明しました。夏バテにならないよう、チェックされてみてはいかがですか?
今年の夏も元気に乗りきることができますように。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

« July 2005 | Main | September 2005 »