« 里帰り ① | Main | 里帰り ③ »

08/09/2005

里帰り ②

Hills里帰りの途中寄り道して、美術館へ行きました。新日曜美術館のアートシーンでチェックしていた、フィリップス・コレクション展です。
いろいろな作品がバランスよく見れて、アートの教科書というタイトルになるほど!と思いました。

森アーツセンターギャラリーに着いた時にはもう日も暮れかかっていて、展望台からの景色もきれいでした。時間がなくて数枚ですが夜景を撮影したので、後ほどflickrにupしたいと思います。

ルノワール「舟遊びの昼食」は、人々が楽しむ姿が、大きく美しく描かれていました。
解説を聞くと、登場人物それぞれの紹介がされていました。手前左側に描かれているルノワールの婚約者のことから、帽子が常識だった当時に無帽のジャーナリストは自由の象徴でもあるなど、絵の中の人物がまるで話し出すかのように見えてしまう、不思議な感覚がしました。

なかなか美術館に行く機会が持てませんが、行くと良かったといつも思います。
実物をこの目で見れるということは、本当に素晴らしいこと。
今回は美術館に行っている場合じゃない帰省でしたが、行くことができてよかったです。
無理をするのは好きじゃないけれど、あきらめないでやりくりすることも大切なんだな、と思いました。

|

« 里帰り ① | Main | 里帰り ③ »

Comments

こんばんは!
実物を見るっていいものですね。
先日、ゴッホ展を見てきました。
最近、ゴッホの作品をテレビで見て興味を持っていたのですが、
現物で見ると、そのタッチから息遣いが感じられるような気がして、
圧倒されました。
画家の哀しみも伝わってくるような気がして。
a-carlさんも、きっと、そういう何かを感じたんでしょうね。
こういう機会は大切にしたいですね。

Posted by: take1 | 08/16/2005 at 00:15

take1さん、こんにちは。
ゴッホ展、羨ましいです。
できることなら、行ってみたい展示でした。
私も近くの美術館で「ドービニーの庭」をみて
なんてきれいなんだろう、って思いました。

なかなか難しいですけれど、
おっしゃるとおり、こういう機会を大切にしたいです。

Posted by: a-carl(take1さんへ) | 08/16/2005 at 10:14

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12317/5381486

Listed below are links to weblogs that reference 里帰り ②:

« 里帰り ① | Main | 里帰り ③ »