« アイランド花どんたくの青いバラ | Main | 青山ブックセンター »

09/21/2005

カルボナーラ

PA0_0338少し前にNHK今日の料理でやっていた、カロリーオフのカルボナーラを作りました。レシピはパスタをゆでる後半に、えのきと厚切りベーコンを一緒にゆであげ、あらかじめ混ぜ合わせた、卵とコーンの缶詰(クリームタイプ)とにんにくのすりおろし少々、顆粒スープの素少々、粉チーズ・塩コショウと、手早くからめるもの。
油を使用せず、パスタの量を減らし、えのきを入れることと、生クリームを使わず、コーンを使うことによって、カロリーオフだそうです。ここに枝豆が余っていたので、一緒に加えました。
お味の方はというと、カルボナーラのこってり感は少ないものの、なかなか美味しいと思いました。
お手軽なので、私の一人ご飯レシピの常連になりそうです。

それにしても、このレシピではありませんが…
おいしいお店で食べる、パスタに絡みつくソースのカルボナーラに憧れます。
工夫を重ねても、自己満足できるような、カルボナーラには程遠い…
火加減、調合などコツがあるかたがいらっしゃったら、どなたか是非ご伝授いただきたいです。


|

« アイランド花どんたくの青いバラ | Main | 青山ブックセンター »

Comments

タレントのどなたか忘れましたが、全卵で作ってらっしゃるのをTVでみました。よっぽど手早くしないと大変なことになりそう・・・釜たまうどんイタリア版と思って見てました。
↑おいしそうですね。エノキもクリームコーンもあるので作ってみます。
チーズはミモレットが私は好きなんですが。いかがでしょう。

Posted by: winter-cosmos | 09/22/2005 at 15:09

a-carlさん、こんばんは。
カルボナーラ、私も大好きです。

まず、ベーコンをたっぷり目のオリーブオイルで炒めて、置いておきます(オイルは絶対多目に!) その間に麺を茹で、茹で上がったらオイルの中に入れて塩、胡椒(粗挽き)で和えながら少し炒めます。温める程度です。
別の大きな器に麺を入れ、溶いた卵黄(1人前につき1.5~2個くらい)とおろしチーズたっぷりを加えて和えます。この時、麺が熱々だと卵が固まってしまうので、絶対に固まらないよう注意。生クリームが入らない分、チーズはたっぷりと。ベーコンとチーズに塩分があるので、塩は少なめに。

私はこの作り方が一番簡単で美味しいと思うので、一度お試しを。

Posted by: marin | 09/22/2005 at 21:24

winter-cosmosさん、こんばんは。

「釜たまうどんイタリア版」
面白い発想ですねー♪なんだかとてもわかりやすい例えって気がします。
チーズは平凡にパルメザンで作ってしまっているので、ちょっと贅沢してミモレットを試してみますね。
winter-cosmosさんなら、きっとお上手に作られると思います。なにかいいアレンジを発見したら、blogで教えていただけると嬉しいです。

Posted by: a-carl(winter-cosmosさんへ) | 09/22/2005 at 23:36

marinさん、こんばんは。

なるほど!生クリームを入れないで作るのですね。
ご丁寧にコツを教えてくださって、本当にありがとうございます。
近いうちに絶対試してみます!楽しみです。

marinさん記事で干しナマズのスープ、ちょっとどきっとしてしまいました。
どんなお味なんでしょう。教えていただいたお料理はみんなおいしかったので、きっとおいしいはず。
知らない文化のことをmarinさんのところで教えていただけるので、興味深いです。

Posted by: a-carl(marinさんへ) | 09/23/2005 at 00:30

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12317/6051709

Listed below are links to weblogs that reference カルボナーラ:

« アイランド花どんたくの青いバラ | Main | 青山ブックセンター »