« October 2005 | Main | December 2005 »

11/30/2005

最近おいしかったもの・1

日々節約したい、と思っています。
お手軽価格で、少しでも納得できるモノを買えたらいいな、と。
しかし突然えいやっ!と、自分の中で決めた額を超えて、買ってしまうことが。
たいていはチーズだったり、パンだったりしますが
調味料は勝負(?)に成功すると、コストパフォーマンスが高く
勇気を出したかいがあるなぁ…と嬉しくなってしまうのです(笑)

PA0_0395ゲランドの塩。
フランス・ブルターニュ地方で昔ながらの方法でゆっくり作られます。
ほとんどが塩化ナトリウムの食用塩と比べ、ミネラル分が多く含まれています。
…こういった、おいいしいお塩は沢山ありますが、
お野菜と塩だけのスープなど、シンプルな調理法に似合い、
しょっぱさだけでなく、やさしい味で素材のおいしさが引き立つような、ゲランドの塩。
気づけば、ふた袋目を消化しそうです。次回は大袋にしようと思っています。

PA0_0782コラビータ エクストラバージンオイル。
色は濁っていて、オリーブから絞ったまま、ノンフィルターだそうです。収穫時期に出回る、新鮮なオイルと聞いて、欲しくなってしまいました。
オリーブが強い、つーんとした香りのオイルを想像していましたが、味は意外にまろやかでした。
パンにつけて食べてもおいしいですし、
野菜にレモン・塩コショウ・このオイルをかけて食べると、レモンのすっぱさを包み込むような、まとめ役という感じ。
説明書きには“肉・魚料理の風味づけに”と書かれていましたが、少しあたたまることによって、香りがかわります。(小心者なので、お料理本で習った通り、加熱用にはピュアしか使えない私…最後の仕上げに使うだけです。)

こういうものを買った後は、かわりになにで切り詰めよう…と頑張る気持ちがむくむくと沸いてきます。
主婦の小さな贅沢なのです。

最近おいしかったもの・2へつづく。


| | Comments (8) | TrackBack (0)

11/28/2005

ペットバトン

うさぎさんからペットバトンがまわってきました。
私は自他とも認める、親ばかだと思います。
一緒に暮らしていると、ほんのささいなことでも、かわいくて仕方ないです。
他人から見たら、怪しい行動だって、親ばかにはまかり通ってしまう、今日この頃です。

★質問1
アナタのペットの名前、タイプ(例・犬、猫、ウサギ、鳥、etc)、性別、年齢は?

Carl(カール),猫,男の子,6歳6ヶ月

★質問2
アナタのペットがする奇妙な行動を教えて!

普段はぼーっとしてるのに、突然すばやくなる。
主に紐を噛んだり、いたずらをする時が多い。

★質問3
ペットと恋人(実在でも架空でもOK)、どっちを取る?
例)海でペットと恋人が溺れていたらどっちを助ける?

もちろんペット。
一人じゃ、絶対に助からないから。

★質問4
ペットは何処で寝ている?
もしアナタと寝床を共にしているなら、どういうポジション?

猫の部屋で。
この子でアレルギーが起こったことはないのだけど
血液検査は猫アレルギー陽性な私。

★質問5
アナタのペットの子供が欲しい?

残念ながら、手術済みなのです。

★質問6
アナタのペットの写真を載せて!
PA0_0749PA0_0360

左:「ねぇねぇ、おいしいもの持ってるんでしょう?」
(真剣おねだりの顔)

右:「眠いニャ~!話しかけないでニャ~!」
(眠くて、まどろんでいる顔)

★質問7
では、ラッキー7とキリの良い所で5人のペット・ラバーにこのバトンをまわしてくださいね♪

どなたか、受け取っていただける方、いらっしゃいますか~?
もう、いませんね~。きっと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/22/2005

sweet enough on hair

PA0_0737どんな美容室がお好きですか?
私は今まで、美容室の待ち時間が苦手でした。
雑誌を読んだり、ついつい手持ち無沙汰になってしまったり…。
今日初めて行ったsweet enough on hairさんは、遊びゴコロ満載で
逆に時間があっという間に過ぎ去るようなところでした。
階段を上がり、ドアの向こうには、美容師さんの素晴らしいセンスがぴかりと光る空間が広がっていました。
ドアの前で、すでにワクワク間が高まった私…。

PA0_0738美容師さんの興味深い話に夢中になり、
凝ったインテリアに感動し、シャンプーの気持ちよさに眠くなるほど…。
→右の画像はマスコット犬のニコちゃん♪
おりこうさんで、オーナーさんのいうことをきちーんと聞き、おとなしくて感心しました。
嬉しいとピョンピョンしたり、豊かな表情がたまらなくかわいらしかったです。
まだまだ、ここに沢山書きたいことがあるのですが、こちらに行ってみたい!といっていた、大切な友人のために、サプライズを残しておきます。
PA0_0742PA0_0741お店のカードには、マスコット犬ニコちゃんのイラストも。
本を読むか、オーナーさんとお話しするか、迷うくらい、店内にある本は、めちゃめちゃツボでした。
楽しみにしていたクウネルのパリ特集を持参しましたが、気になる本が沢山ありクウネルより優先度高し!
友人のPCと立ち読みで後ろ髪を引かれていた今日の猫村さんを入り口で発見した時は嬉しくて、嬉しくて。
(ご存知の方も多いと思いますが、猫村さんはCATVの会員専用コンテンツで連載された、漫画の書籍化です。おためしはこちら。)
仕上がりも満足でしたし、こんなに楽しく時間を過ごせた美容室は初めてです!その2へ続く。

sweet enough on hair HP
久留米市六ツ門町14-3 2F

| | Comments (118) | TrackBack (0)

11/21/2005

華じ花<大分県>・夜明薬湯温泉<熊本県>

PA0_0697耶馬溪の帰り道、温泉へ立ち寄りました。
看板を目印に、ナビで進んだ20-30分ほどの道のりは
「本当にこの道でいいのだろうか?」と心配になるような、山の細い道が続きます。
黒川温泉への道中に、似ているような気もしました。後から思えば、もっと楽しめばよかったです!

PA0_0712PA0_0709ログハウスの宿泊施設が立ち並び、宿泊もできるようです。管理棟で300円を支払い、男女別の内湯と露天風呂へ。
こじんまりとしていましたが、開放感ある露天風呂で、黄色く色がついた温泉が、コポコポと音を立てて湧き上がっています。
男性用の露天風呂は板をへだてただけの反対側にあり、そこからは近くを流れる川がよく見えたそう。
48℃の炭酸水素泉、露天は少しぬるめでしたが、内湯でしっかりあたたまれるので、行ったりきたりしながら楽しみました。

帰り道は、夜明薬湯温泉へ。(日が暮れてしまったので、画像なし。)
外観は350円で入れる、近くの人が通う銭湯、というイメージでしたが、入ってみるとお湯のよさを実感。
お肌がつるつるになるし、体の心からあたたまります。
薬湯は濃厚な感じ。何が入っていたのかはわかりませんが、ドクダミ茶のような香りでした。
容器を持参すれば、温泉水を持ち帰ることもできます。
温泉の奥にひしゃくとロウトが置いてあるので、そちらで汲みます。
成分はナトリウム、炭酸水素塩の塩化物泉です。
ほっかほかにあたたまる、穴場の温泉だと思いました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/20/2005

耶馬溪

PA0_0720PA0_0700先週、耶馬溪へ紅葉を見に行ってきました。

ごつごつした岩肌から、木々の緑・黄色・赤のグラデーションが見えはじめ
自然の色ってなんてきれいななのだろう、と感動。

ちょうど雨上がりで散策すると、しっとりとした落ち葉のにおいがしました。

PA0_0733PA0_0728渓谷には大きな岩に、見事な苔がむしていて
その上に落ち葉がはらはらと散っていました。

川の中も気になる私…
もし夏で、友人と一緒だったら2倍くらい時間を取ってしまったはずです。

中に魚を探したりしていると、落ち葉がはっとするほど鮮やかなのに、驚きました。

PA0_0716PA0_0723お昼ごはんには、主人は名物のとろろそば、私は地鶏の炭火焼き入りのおそばを。
九州で初めて出あった地鶏の炭火焼きは、こりこりとした歯ざわりで、大好きなのです。
おやつのそば饅頭。ほかほかして、素朴な味わいでした。
こういうのって、外で食べ歩くと、特においしい気がするのは私だけでしょうか?

気象がすっきりしないせいか、今年は紅葉が遅れていると聞きました。
来週もまだきれいな姿が楽しめそうな気がします。


| | Comments (7) | TrackBack (1)

11/18/2005

くまがえすみ子の器たち展2005

k-2わかさ農園にて、くまがえすみ子さんの器を拝見してきました。
一歩足を踏み入れると、珈琲の香り。
やさしい光も、心地よい音楽も…くまがえさんの器と相性ぴったりな印象。
この素敵な器と、このゆったりとした空間は、お互いを引き立てあっている気がしました。

くまがえさんは自分と向かい合って、毎日の生活をじっくり大切にされている方、という印象があり、
お会いしてお話を聞いてみたい!と密かに思っておりました。
去年こちらの展示を拝見した時には‘雑な私は、もしかしたら割ってしまうかもしれない…’と手が出なかったんです。」
と、くまがえさんにいうと
「器たちって案外、丈夫なの。使ってみたらわかると思います。」との答え。
大切にするって、使うことでもあるのですね。
使い込むと、器も一緒に育ってくる、というお話も聞いて、わくわくしました。

k-6ころんと丸い、お茶を飲む器を探していたので、
じっくりと時間をかけて、どの器を連れて帰るか…迷った末茶色の水玉模様に決定。
おうちで毎日、この器で暖かい飲み物を楽しむようになりました。
これから仲良くお付き合いしていきたいと思っております。

k-3k-4k-5
.
.


<左>鉢製作くまがえさん&寄せ植えわかささんのコラボ。
<中>今年も暖炉に暖かい火が灯りました。
<右>ちびっこパンをかわいくディスプレイ。この感性に脱帽です!

k-1この展示は11月27日(sun)までだそうです。
秋のドライブにお出かけしてみませんか?
blogではとても伝えきれない空気が、ここにあると私は思います。
わかさ農園
福岡市西区日向峠
TEL:092-811-4524
open:金・土・日・祭日
10:00am-6:00pm

※画像はクリックで大きくなります。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

11/15/2005

秋ですねぇ

bluered
in_autumn

| | Comments (10) | TrackBack (0)

11/13/2005

ありがとう

PA0_0695友人へエクスパックを送りたくて、ポストへ投函しに行ったら、厚みがあったため、ほんの少しの差で入りませんでした。
ポストを見ると、あと20分で集荷に来る予定だったので、待つことにしました。
普段だったら「明日、窓口へ出そう」と思うところだけど、この封筒は投函したい気持ちがいっぱいだったのです。
待っている間、夕焼け雲が沈む夕日にてらされて、刻一刻と色を変えていきます。
きれいだなぁ。短時間に、夕焼け空がこんなにも変化していくなんて知らなかった…。
ポストの横でぼーっとしていると、一人、また一人と郵便物を投函に来る人たちが、意外に多いのも発見でした。

郵便集荷の赤い車が到着です。
集荷担当の方に「ポストに入らなかったので…よろしくお願いします」というと
「それはすみませんでした。ありがとう!」と笑顔で受け取ってくれました。

すみません、のあとに「ありがとう。」この一言が心に響きました。
こんな風に自然にさらっといえる、ありがとうってなんていい言葉なんだろう。
私もこういう言葉を発することが出来る人になりたいと思いました。
ちょっとしたアクシデントにより、心が温まる、ありがとうに出会えた気がします。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

11/08/2005

ベランダのレタス

Lettuceベランダのレタス&ルッコラたちが育ってきました。
播種後、1ヶ月半くらいでしょうか。
本来なら間引きをする時期に、選ぶことができなかったので、きゅうくつそうになってしまいました。
ちょっとかわいそうですが、お日様に向かってすくすくと育っています。
葉っぱもまとまると、きれいだなぁと思いました。
葉菜類は特に、新鮮なほうがおいしいので、重宝しております。

明日からだんだん寒くなる、という天気予報ですが、
レタスたちもこごえないよう、身を寄せあって頑張ってもらいたいです。
ニュース10の気象情報が気になる季節です。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

11/04/2005

このは市

konoha平尾山荘 ふらで行われた、このは市へ行ってきました。
福岡で活動していらっしゃる素敵な方たちが集まって、掘り出し物のアンティーク雑貨、おいしい食べ物と出会うことができる、楽しみな市です。
画像は夜お茶した時の様子です。
昼間のにぎやかさから一転、夜はしっとりした感じになっていて、どちらもいいなぁと思いました。
夏の夜市で、食べ物を食べてゆっくりとしたのが、とてもよかったので、今回もそんな風に楽しみたくて。

PAP_0613お友達とおしゃべりしながら、手作りラスクやとびきり美味しいふらさんの珈琲を頂きました。
屋外でこんなに気持ちがいいのは、今年はあと少しかも。気持ちのいい夕暮れでした。
今朝は雨が心配だったですが、こんな暖かくなって、開催者さんたちの日ごろの行いがいいのだと思いました。
足元に猫ちゃんもとことこ歩いていたり、のんびりのんびり秋を楽しみました。
このは市を開催された皆様、本当に素敵な市をありがとうございました!
また春を楽しみにしております。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

11/02/2005

九州国立博物館

PA0_0594PA0_0603太宰府天満宮から歩く歩道をくぐりぬけ、九州国立博物館へ行ってきました。
オープン前に見学をして、展示物に対する細かい配慮がしてあり、斬新なデザインと環境に気遣った建築物であることをボランティアガイドの方から学びました。
この博物館は、大勢の方たちの努力の結晶なのだと思います。
なだらかな天井のフォルム、ふんだんに自然の光を取り入れる、大きなガラスには、周りの空や木々が写りこんでいて、自然と溶け込んでいるように見えます。思わず深呼吸して中に入りました。
中に入り、上の展示室へ上がる前に、高い高い天井を見上げました。
そして子供のための展示に引き寄せられました。解説員の方に影人形の説明を受け、あぁ、やばい…もうここにすっかりはまっている自分を感じました。
文化交流展示室へ入る手前に、シアター4000の整理券を配っています。
私の個人的オススメはまず、ここで整理券をもらってから展示をみる→シアター4000を堪能→そしてもういちど展示を見ることです。シアター4000は超高性能画像システムには本当に感動しました。大画面で迫力があり、研究者の方がルーペで観察するような傷も写っているのに、全然粒状が荒くないのです。
実際の目で見る展示物を大画面で見たあと、もう一度見直すと、印象も変わってくるかもしれません。
展示品のディスプレイの仕方もとても素敵でした。ライトなど想像力をかきたてるような気がしました。
遣唐使の荷物を再現し、香料など実際に手にとって確かめたり。
歴史に対してうとい私でも、ここは充分楽しめる博物館だと思います。
PA0_0591PA0_0593帰り道に太宰府天満宮でおまいりしました。
カメの泳ぐ池のほとりで、友人へ九博で買ったポストカードにシアター4000のことをしたためました。
そしてアツアツの梅ヶ枝もちを食べながら帰り道、西鉄太宰府駅前のウソ(鳥)のポストへ投函しました。このポスト、かわいいので好きなのです。

百聞は一見にしかず。
大陸との文化交流に特化した、個性あふれる日本で4番目の国立博物館。
今回だけでなく、じっくり何度も訪れたいと思いました。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

« October 2005 | Main | December 2005 »