« March 2006 | Main | May 2006 »

04/28/2006

ちびっこレタス

Pa0_0602ベランダのレタスを根元から切っていたら、脇芽が育ちました。
かわいいので飾っておきましたが、そろそろ処分しようとおもって根元をみたところ、根がでており…。
なんて強い生命力なんだーと感心しました。
植物のこんな姿に、元気づけられます。
Pa0_0603冬のレタスに別れを告げ、これから育てる種を撒きました。
ベランダでシソなどをすこしづつ育てようかと思っています。
ちいさい双葉がちょこんと出てくると、かわいいです。
ちびっこレタスさんたち、我が家へようこそ♪


| | Comments (6) | TrackBack (0)

白い手袋

Pa0_0600白い手袋を買いました。
ついでに日焼け止めのサンスクリーンも。
九州の日差しの強さには未だ慣れない私。初めて真夏の光を見た時には、自分の目がおかしくなったのかと思ったくらいです。
まるで、カメラの露出をオーバーに間違えたような感覚でした。
日焼けは嫌いではないのですが、部分的に妙に焼けてしまうのが好きではありません。
スキンケアに対してもがさつな私ですが、少しだけ頑張ってみようかと思っています。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

04/27/2006

Rhododendron

Rhododendronもうすぐ連休ですね。みなさん、楽しいお休みをお過ごしください♪

久しぶりに写真を現像に出したのでアップします。
霧の中のしゃくなげです。
写真よりももっと幻想的できれいでした。


テンプレートを変更したのですが、Top画像のみ元に戻しました。
その他はもう少ししたら元に戻します。
イラストがかわいくて気に入っています。


| | Comments (9) | TrackBack (0)

04/24/2006

しゃくなげ@わかさ農園

Pa0_0577先週は楽しみにしていたイベントがあり、コトコトお鍋で作業したり、充実した一週間をすごすことができました。
しゃくなげのきれいな季節は平日営業中のわかさ農園へ、2日間も行けたのです。
しゃくなげの斜面に霧がかかった姿を、私ははじめて見ました。
幻想的な背景に加え、雨にぬれた木の幹の黒さでお花と葉の色がますますきれい…雨の日もいいですね。
Pa0_0559Pa0_0542わかさ農園といえば、夏のぶどうも楽しみです。店内に飾ってあった、キャンベルという品種のぶどうの新芽は、ほのかに葉先が薄紅色。小さなつぶつぶがついているのが見えますか?天然酵母も作れるそうです。
(うまく撮影できませんでしたが、屋外の新芽が実際の色に近いです。)
Pa0_0555しゃくなげ期間限定のパンも日替わりで売っていました。
画像はどちらもハード系で左はチーズ入り。右はゆずの香りがふわーっとするパン。
どちらもかめばかむほど味わい深くて、わかさファンの私にはたまりませんでした。
やさしいやさしい味がする、こちらのパンには一つ一つ物語があるなぁと私は感じます。
Pa0_0544Pa0_0546行く度にディスプレイを工夫されている雑貨。今のテーマはピクニック&ガーデニングだそうです。熊さんのシャボン玉はお子様が実際に遊べるように、ひとつあいていました。
ドイツ製の絵の具セット。色がおしゃれで、欲しくなってしまい…お買い上げ。
当blogカウンター123456ヒットのtake1さんに当選プレゼントとしてお送りいたしました。
take1さん、いつもありがとうございます♪

*わかさ農園*
しゃくなげ期間限定の平日開園は25-27日11:00-17:00くらいまで。
福岡市西区金武日向峠
TEL&FAX 092-811-4524
開園時間 10:00~18:00
       (cafeは11:30~)
open 金・土・日・祝日(通常)

| | Comments (6) | TrackBack (0)

04/17/2006

話す

Pa0_0530私は口下手&文章を書くことも下手です。
人と交流することは好きなので、やりとりでもどかしい思いをすることがあります。
そんな私はつい「話す!技術」というタイトルにぴぴっと来て、この雑誌を買ってしまいました。
主に働く女性がターゲットだと思うけれど、内容的に知りたいことや参考になることが沢山!
短い言葉で、的確に物事を伝えられる人に憧れます。
少しでもいいので「想いをイメージとおりに伝えられる人」に近づけたらいいな。

日経WOMAN No.256 2006.May 日経ホーム出版社

| | Comments (7)

04/16/2006

最近おいしかったもの

作っておいしかったものレシピを報告したいと思います。
Pa0_0435クレソンのスープ。
たまねぎと少しのスライスしたジャガイモをじっくりバターでいため、お水を入れて煮ます。最後にクレソンを入れてさっと火を通してから、ミキサーにかけて、豆乳をくわえて、あたためなおし、お塩で味を調えます。クレソンのすっとした辛味が残る程度に、さっと火を通すのが好きです。
Pa0_0374_1名前をしいていうなら「ひとりごはん麺」
お湯を沸かし、冷蔵庫にあまっている野菜(きのこ、ブロッコリー、人参、キャベツ、もやし、セロリ…なんでも!)を茹でます。そこへ麺(そうめん、パスタ)を入れる。器に(そうめんのツユ、西京味噌、ナンプラー、柚子胡椒、ごま油…この中から2-3種類お好みでmix)茹で汁でのばします。茹で上がった麺を汁に入れて、薬味をたっぷりのせて、できあがり。
Pa0_0495あばたさん豚の紅茶煮を使ったサラダをヒントに作った、夕御飯。
一晩寝かすのを待てず食べたくて、材料も足りないのに決行。うどの味噌ドレッシングサラダは次回必ず作ると心に誓い、この日の付け合せは温野菜。その他大豆をすりおろして卵と混ぜてあげたものを胡麻タレにつけたものと、野菜スープ。今回豚の紅茶煮は作りおきしたので、新鮮なうどをみかけたら、速攻サラダにする予定です。
レシピを参考にさせて頂いたあばたさん、いつもありがとうございます。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

04/13/2006

感謝

今日自分のブログのアクセスカウンターを見たら、2が沢山並んでいました。
なんだかこういうのって嬉しいです。
まだまだ先のことですが、123456がヒットした方。
プロフィールのÀ propos de l'auteurから、メールして頂けますでしょうか?
日ごろの感謝の気持ちを込めて、ささやかな何かを考えております。


Pa0_0494今月誕生日を迎えた私。
涙が出そうなくらい嬉しかったのは、カードでした。
手書きの文字は、贈り手の気持ちがダイレクトに伝わってくる気がします。
贈って下さった方の「らしさ」も嬉しい。
何年も会えないけれど、プレゼントと一緒に観葉植物を贈ってくれた、花屋さんの友人。植物のチョイスも、この包み方も、彼女らしい。

もうすぐ、福岡に来て一番お世話になっている友人のお誕生日。
彼女からは、一番欲しいものと時間の贈り物を頂きました。
プレゼントでは、お返しすることが不可能です。
モノではなくて、彼女に“喜んでもらえる時間”をお返しできたらいいな。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

04/12/2006

ミニミニ

Pa0_0368西公園をお散歩していたら、とても小さな小さなポピーを発見しました。
極小輪タイプの品種なのか、はたまた生育過程でなにかあったのか、突然変異なのか…。
いろいろ想像しましたが、私にはわかりませんでした。調べても不明なので、気になります。
どなたかご存知の方、いらっしゃいますかー?
Pa0_0369どれくらい小さいかというと、黄色いユリオプスデージーと比較すると、お分かりかと。この小ささは高山植物レベル!と思ってしまいました。
ミニミニのお花と思いがけず出会えた、嬉しいお散歩でした。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

04/10/2006

雨の日に

Pa0_0465雨と風の日でした。
開花してから気温が下がったために、長い間楽しめた今年の桜とも、そろそろお別れです。
足元に敷きつめられた、ピンク色のじゅうたんにはっとしました。
また来年もきれいな桜に出会えるといいな、と思いつつ
小さな新芽のうぐいす色も楽しんできました。

福岡Cafe好きの日々のアジアンさんへTB。
近くに用事があり、どこへ寄り道しようかな~と思っていたら、アジアンさんが素敵なところを紹介されてました。
Pa0_0461そのカフェは、アジアンさんがとても丁寧に書かれていらっしゃる通りの素敵な空間でした。
植物の飾り方がとても好きです。
以前四月の魚さんにお邪魔した時に、偶然いけこみをされているお花を拝見し、物凄く感動したのを思い出しました。
植物のディスプレイに目が釘付けになってしまったというか、
固定観念にとらわれていた自分が恥ずかしくなったのです。その1年後くらいにお花を生けていらした方が花師 杉謙太郎さんだったということを知りました。

このカフェの、おいしい珈琲であたたまり、静かな空間で、いい時間を過ごすことができました。
アジアンさん、ありがとうございます。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

04/05/2006

Two days of cherry blossoms

Pa0_0406皆さんはどんな風に今年の桜を楽しみましたか?わたしの今年の桜の思い出を報告します。
1日目はお天気になったのに、風が強くて野外でお鍋をすることを断念。
お友達の家で、友人の作ってくれた、おいしいお鍋をご馳走になり、デザートにお抹茶をたててもらいました。
「ちょっとまった~!」外に出た友人の手には桜が。和菓子にそえて、雰囲気までおいしく頂くことができました。
こんな細やかなことが出来る友人達を、私は誇りに思います。
また食べて、ワイワイおしゃべりして…夜はふけてゆきました。
Pa0_0403泊まらせて頂き、友人の姪&甥っ子ちゃんとも再会。彼女たちの見ている世界に刺激を受けました。
ぬいぐるみを大切に寝かせている姿がかわいくて…。小さなお友達もこのブログを見てくれているので「このぬいぐるみ、upしてもいい?」と許可をもらってしまいました。
小さい頃からPCに触れる時代になったのですね~。感心してしまいます。
Pa0_0389Pa0_0383二日目は桜の土手沿いをずーっとお散歩しました。
朝起きると友人はすでに、準備にとりかかっていました。おにぎりをにぎる姿はまるでお仕事のようで、申し訳なくなるほど、素敵な準備でした。
ぽかぽかと暖かい空の下、桜を見ながら食べるおにぎり。ガスコンロで沸かしたお湯でスープやお茶を飲んだり…。
こんな風に屋外で楽しいと、更においしくなる気がします。
特製抹茶と黒豆のパウンドケーキや、黒豆の煮たものを最中にのせて。
ここでも沢山嬉しいことがありました。
Pa0_0397帰宅して画像データフォルダを開くと、桜の画像がほどんどないことに気がつきました。楽しくて、仕方がなかったからでしょうか。
春って、やっぱり大好き!桜には人をウキウキさせる、不思議なパワーがあると私は思います。
桜を口実に、集まって楽しく過ごさせて頂いた…“桜の二日間”でした。
これからお花見をされる方達が、楽しい時間をお過ごしになりますように。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

04/01/2006

かもめ食堂

Pa0_0375ひねくれものの私は、大勢の人がいい!といっているものに飛びつくことが、少しだけ恥ずかしいと思っています。
だけど、観てしまいました。かもめ食堂
舞台挨拶での「この映画はさらーっとみることも、じっくりあれもこれも、と観ることもできます」という言葉の通り、
台詞のないシーンなどを、どんな風に解釈するか、受け止める人それぞれの映画だなぁ…というのが第一印象です。(小林聡美さんの実物のかわいらしさにも驚きました!)
わたしは前者のさらーっと派で楽しんできました。細々と観ることはできなかった。
あれやこれやと気になることが沢山でしたが、それ以上に、いい雰囲気すぎて、その空気を楽しまずにはいれなかったのです。
群ようこさんの作品はトラちゃんが好きです。
視点がかわいくって、ユーモアたっぷりで、そしてちょっぴり切なさもあって。
そんな、ほのぼのとした雰囲気に知らないうちに引き込まれてしまった映画でした。


| | Comments (12) | TrackBack (0)

« March 2006 | Main | May 2006 »