« 嬉しいひととき | Main | Two days of cherry blossoms »

04/01/2006

かもめ食堂

Pa0_0375ひねくれものの私は、大勢の人がいい!といっているものに飛びつくことが、少しだけ恥ずかしいと思っています。
だけど、観てしまいました。かもめ食堂
舞台挨拶での「この映画はさらーっとみることも、じっくりあれもこれも、と観ることもできます」という言葉の通り、
台詞のないシーンなどを、どんな風に解釈するか、受け止める人それぞれの映画だなぁ…というのが第一印象です。(小林聡美さんの実物のかわいらしさにも驚きました!)
わたしは前者のさらーっと派で楽しんできました。細々と観ることはできなかった。
あれやこれやと気になることが沢山でしたが、それ以上に、いい雰囲気すぎて、その空気を楽しまずにはいれなかったのです。
群ようこさんの作品はトラちゃんが好きです。
視点がかわいくって、ユーモアたっぷりで、そしてちょっぴり切なさもあって。
そんな、ほのぼのとした雰囲気に知らないうちに引き込まれてしまった映画でした。


|

« 嬉しいひととき | Main | Two days of cherry blossoms »

Comments

a-carlさん、やばいです。
これも、運命かしら?
今日の帰りに、シナモンロール買ったのだ。
前に、言っていたワゴンカフェのやつ。

なんか、嬉しくなっちゃった。

Posted by: oku | 04/01/2006 at 23:18

okuちゃん、それはきっと、運命です。
画像右側に写っているのが
この映画のパンフレットなのだけど
シナモンロールのレシピが載ってます。
いつかのんびり、一緒に作れたら楽しいね~。
あたたかくなって、パンの発酵もいい季節だし。
発酵している間はエドさまのお散歩に行ったりして…。
想像するだけで勝手に楽しい気分になりました。
ありがとう~。

ワゴンカフェ、早く行きたいなぁ~!
とってもとっても、気になります!

Posted by: a-carl | 04/01/2006 at 23:35

観てこられたのですね。
私も行きたいなって思ってます。
でも、いつも行くシネコンではやっていなくって・・・他のところに行くのもな~なんて思っていました。
でも良さそうですね。
さっそく、やってるところを探してみます。
気持ちが穏やかになりそうですもんね♪

Posted by: あばた | 04/02/2006 at 12:55

あばたさん、こんにちは~。
ゆるゆると、ほのぼのとした印象でしたので
お仕事などで疲れた時など
ほわ~っとしそうな感じがしましたよ。
お料理上手のあばたさんには
きっと食器とか盛り付けのセンスとか
楽しいのではないかと思いました。
おいしそうなお料理が出てくるので
何か食べてからご覧になることを
オススメいたします。
(それは、食いしん坊の私だけでしょうか?)

Posted by: a-carl | 04/02/2006 at 13:12

a-carlさん、こんにちは。
「かもめ食堂」見られたのですね!
私もこの映画見たいなと思ってたんです。何とか時間を作って見に行きたいなと思ってるのですが・・・
邦画はほとんど見ない私ですけど、この映画は映画館へ見に行きたいなと思わせてくれる映画です。
小林聡美さんが好きだと言うのもあるのですけど。(この前やっていた「神はサイコロを振らない」というドラマもずっと見てました)
ああ、早く見に行きたいです^^

Posted by: miya | 04/02/2006 at 22:31

a-carlさん、こんにちわ!
私も見ましたよ~!!
私も最初はさらーっと観たかったのですけど、
物語とその雰囲気を楽しむのと同じくらい、
使われてる食器やインテリア、トンミのTシャツが
気になって気になって(笑)
なんとも言えない、ユーモアと優しくて
ちょっぴり切なくて・・・
そんな映画でしたね。
同じ映画を観て、そのほのぼのをa-carlさんと
共有できたようでなんだか嬉しいです♪
いつかレシピのシナモンロールも作ってみたい
と思っています。

Posted by: s.child | 04/03/2006 at 10:19

miyaさん、こんばんは。

映画館で映画をみること自体
少ないわたしなのですが
久しぶりにふら~っと足を運んでしまった映画でした。
いろいろな見方が楽しめそうですので
miyaさんの視点がとても楽しみです!

私が一番気になったのは、光でした。
NATURAで写真撮ってみたいな~、と
マイナーなことを考えてしまいました。

Posted by: a-carl | 04/03/2006 at 22:19

s.childさん、こんばんは。

トンミ、とてもかわいらしい天然キャラでしたね~。
レシピのシナモンロール、強力粉が足りなくて作れなかったのですが
最近あたたかくなってきて
発酵にはとてもよさそうなので
作ってみたいって思っています。

事後報告で大変申し訳ありませんが
お気に入りにs.childさんのブログをいれさせて頂きました。
どうぞよろしくお願いいたします。

Posted by: a-carl | 04/03/2006 at 22:24

こんにちわ♪
ふたたびお邪魔いたします。
私もリンクさせていだたいちゃいました。
これからもよろしくお願いいたしますね。

Posted by: s.child | 04/04/2006 at 17:42

s.childさん、こんばんは。

ええ~っ、どうもありがとうございます。
つたないブログですが、どうぞよろしくお願いいたします。

Posted by: a-carl | 04/04/2006 at 19:38

a-carlさん こんにちは。
やっと見てきました、かもめ食堂!
期待を裏切らないとても素敵な映画で、
見に行ってよかったなぁと思いました。
あの雰囲気がとても良いですよね。
きっとあの3人だからこそ出せる空気だと思うのですが。
心がほのぼのとあたたかくなる映画でしたね。

Posted by: miya | 05/25/2006 at 02:07

miyaさん、こんにちは。

あーっ!いまmiyaさんのところへお邪魔していたところでした。
コメントいただけて、嬉しいです!ありがとうございます。

本当にあの3人だからこそ、の絶妙な雰囲気でしたね。
それぞれに個性がひかっていて…。
miyaさんのように、昔からずっと小林聡美さんのファンだったら
なおさら楽しめたのだと思いました。
この映画の小林聡美さん役どころで考えさせられたのは、
潔くすっきりと、日々を丁寧に暮らすこと。
とても素晴らしいことで、私にとっては難しいことなので
ほんの少しでも見習えたらいいなー、と思いました。
あんなふうに挨拶できるひとにも憧れます。

Posted by: a-carl | 05/25/2006 at 08:26

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12317/9382028

Listed below are links to weblogs that reference かもめ食堂:

« 嬉しいひととき | Main | Two days of cherry blossoms »