« 雨のしずく | Main | 実山椒と梅干 »

06/01/2006

うるま ちゅら島 琉球

Pa0_0172Pa0_0182九州国立博物館のうるまちゅら島琉球展を見てきました。
音声ガイドプログラムのナレーターが、平良とみさんと書いてあったので、即決で借りることに。
大好きだったドラマ「ちゅらさん」の‘おばあ役’の平良とみさんが、解説をしてくれるなんて!感動して聞き始めから、うるっときてしまいました。平良とみさんの話し方はあたたかくて大好きなのです。
想像以上に見ごたえがあった展示でしたが、特に面白かったのが、紅型の展示と型紙です。
紅型の実物をじっくりみたのは初めてなのですが、カラフルなのになぜか落ち着く感じ。そして驚くほど繊細です。そして二度と同じ染めができないように、染め終えると型紙を燃やしてしまうそう。もったいない!
Pa0_0169帰り道、太宰府のカキツバタがきれいに咲いていました。紅型のポストカードにも菖蒲モチーフがあったのですが、色彩が全く異なり、どちらもいいなぁ、と眺めながら帰りました。
初めて知ったことも沢山あり、沖縄のイメージがふくらみました。いつの日か、再び沖縄に旅行に行けたらいいなーと思います。

|

« 雨のしずく | Main | 実山椒と梅干 »

Comments

琉球展、気になってました!
昨日、ネットで見ていたんですが、ここのレストラン&カフェって、
ニューオータニがだしてるんですね〜。
わたしも、太宰府とセットで、行ってみます。

Posted by: privatecafe | 06/02/2006 at 09:48

こんにちは。私も先日出掛けました。うるまちゅら島琉球展。
展示品の中で、一番魅了されたのは、
a-carlさんと同じく紅型でした。
(「中国美の十字路」の時は、アクセサリーでした)
「カラフルなのに落ち着く」という言葉に同感です。
私が行った日は、ちょうど琉球舞踊が! ラッキーでした。
「あじっぱ」では、三線を弾いたりして、
楽しい沖縄日和でした。
帰り道は、なんちゃって沖縄言葉になっていました。

日本の世界のすばらしい品々を見せてくれる博物館。
本当にありがたいです。

Posted by: にーこ | 06/02/2006 at 13:15

privatecafeさん、こんにちは。

ニューオータニのレストラン、満席で入れたことがないのです。
博物館にホテルのテナントが入っているなんて、珍しいですよね!
privatecafeさんのマサオ君=ヘイデンの瞳に似てる説、
共通点を見出したご主人の鋭さに脱帽です。
実は…SWにはまった人間ですけれど、気がつきませんでしたー。

Posted by: a-carl | 06/03/2006 at 21:53

にーこさん、こんにちは。

旅行中だったため、訂正が遅くなり申し訳ありません!
せっかく下さったコメントなので、このようにいたしました。
(ご安心ください♪メルアドとURLを一緒に入力してくださると表示されません。)
琉球舞踊ご覧になったのですねー!私も見たかったです!
私が行った日は、JAZZのリハをボランティアガイドの方にちらっとのぞかせて頂きました。
九博は興味深いことばかりなので、もっと利用したいなーと思います。
特に何度見てもシアター4000は素晴らしいです!!

Posted by: a-carl | 06/03/2006 at 22:00

a-carlさん、お手数をおかけしてごめんなさい。
お心遣いがうれしいです。ありがとうございました。
旅行の後にも楽しみが!
良いご旅行だったのでしょうね。

Posted by: にーこ | 06/05/2006 at 14:39

にーこさん、こんにちは。
いえいえ。とんでもないですよ。
こちらこそ、これからもどうぞ宜しくお願いします。
私もにーこさんと同じくNHKが大好きです。

Posted by: a-carl | 06/05/2006 at 18:50

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12317/10352825

Listed below are links to weblogs that reference うるま ちゅら島 琉球:

« 雨のしずく | Main | 実山椒と梅干 »