« NATURA TB06-1:やさしいひかり | Main | 鹿の子寄せ »

08/26/2006

ナンセンス=マシーンズ展2006

Pa0_0643大雨などで予定変更を余儀なくされたましたが、3度目の正直でようやく明和電機のナンセンス=マシーンズ展へ行ってきました。
早起きして、高速を飛ばし8月20日朝9時きっかりに霧島アートの森へ。サイン引き換え券はなんと1番目で、自分として気合が入りすぎてあやしかったです。
楽器の自動生演奏、社長のギャラリートークなどなど、朝から夕方までずっと見ていても、見たりないくらい面白い展示だったと私は思います。
機械好きの人が多いのかなと思いきや、老若男女幅広い層の人たちだったのが、意外でした。
機械たちは、物凄く本格的で、近くでじっくり見ると使い込んだ感じがたまらなかったです。この明和電機を教えてくれた、友人okuちゃんにココロから感謝いたします。ありがとう!

*おまけに、寄り道など*
霧島に宿泊した帰り道は、妙見石原荘の立ち寄り湯へ。
その後宮崎市内でおぐらのチキン南蛮、地鶏のもも焼き、鳥刺し(あえて軍鶏ではなく、丸万本店へ)、チーズ饅頭、マンゴーなどを堪能しました。
宮崎ボンベルタの地下の食料品街はお手ごろ価格の地元のモノが多くて、お買い物にかなりポイントが高い…。
今度は海の方へゆっくり行ってみたいなぁ,と思います。

|

« NATURA TB06-1:やさしいひかり | Main | 鹿の子寄せ »

Comments

↓の写真いいですねー。打ち上げ花火が、こんなにふんわり撮れているのはa-carlさんのお人柄なんでしょうね。(^-^)

Posted by: winter-cosmos | 08/26/2006 at 17:56

明和電機。
羨ましいです。
前にTVで見てとっても楽しかった♪
ああいう発想は何だか平和でいいですね(笑)

Posted by: あばた | 08/27/2006 at 19:10

winter-cosmosさん、こんにちは。

あっ、ありがとうございます!
↓の記事は勇気を出してトラックバック企画に応募したので
コメント欄を閉じてしまっていました。
「ふんわり」という言葉は私も使いたかったので
winter-cosmosさんがおっしゃって下さって嬉しいです。
お返事遅くなってごめんなさい。
しずちゃんには会えましたか?

Posted by: a-carl | 08/28/2006 at 10:17

あばたさん、こんにちは。

おおおっ、明和電機をご存知でしたか?
さすがはあばたさんです。

4-5年前に友人宅でCDを聴かせてもらったのがきっかけで
なんとなく好きになりました。
恵比寿の写美で展示をさらっとみたことはあったのですが
こんな本格的に展示を見たのは、今回が初めてでした。
ナンセンスを目指す、って究極に平和ですね。

Posted by: a-carl | 08/28/2006 at 10:25

a-carlさんこんばんは。
明和電気~。a-carlさんに伝えたい、ピアノに木琴の棒がくっついた楽器。
コノ間から探しているのだけど名前すらわからないのです。
私が行ったナンセンスマシーンズ展では、でっかいビットマンがあった隣に展示してありました。
鹿児島ではどうだったんだろ?

もしかしたら壊れちゃったのかな?まさかー!?
名前が判明したらすぐ連絡します。
では、おやすみ~。


Posted by: oku | 09/07/2006 at 22:22

okuちゃん、こんにちは~。

ParisLIVEで火を灯してくれてありがとう。

霧島でもビットマン(大)ありました!
ステージの右左に設置されてたよ。
シンクロした動きに目が回りそうになったくらい!?
裏側をひょいとのぞきこんだら
制御装置もビットマンLEDでピコピコしていて感動でした!
(でもビットマンはLEDじゃなくて、電球なんだよね?)
ナンセンス=マシーンズはめちゃめちゃの人気だったらしくて
オノ・ヨーコ展越えだったらしい。
ライブ同行&ピアノ+木琴の楽器は解明次第、連絡願います(笑)
いつか必ず行こうね!

Posted by: a-carl | 09/08/2006 at 11:04

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12317/11574918

Listed below are links to weblogs that reference ナンセンス=マシーンズ展2006:

« NATURA TB06-1:やさしいひかり | Main | 鹿の子寄せ »