« MOS | Main | 朝からの雨 »

09/13/2006

慣れ親しんだレンジとの決別?

Pa0_0753長年使用していたオーブンレンジが壊れて2週間がたちました。
亡くなった祖母に買ってもらったもので、14年くらい慣れ親しんだこのレンジ。
早速メーカーに出張修理してもらうことに。
しかし、残念な事にあくまで部品交換だけ、という空気が漂っており、ほとんど動作確認することもなく「部品生産中止なので、これ以上は難しいと思います」…修理はあきらめる事にしました。
動かなくなる=基盤がおかしいだけなのでしょうか?
私は機械のこともさっぱりわからない素人ですので
「だめでも仕方ないから、せめて引き取って詳しく調査してほしかった…」と思ってしまいました。
あきらめがつかない理由は3つ。
①私が機械オンチなため、部品交換でしか対処しない出張に納得できない、
②オーブンの焼きくせを把握していたり、
③パン生地発酵機能がついていて、とても気に入っていたからです。
修理費用や効率を考えると、買い換えてしまったほうが良いのは明らかなのですが、なんとかならないかなぁと…。
ない知恵をしぼって考え中です。あきらめが悪いですね。

|

« MOS | Main | 朝からの雨 »

Comments

いい色あいに模様替えされましたね。フランスっぽくて素敵です♡。
頑張って持ち込み修理はだめでしょうか?力仕事ですけど。
以前年数の経過したPCは、それで見積りをとったら3万くらいだったので、なおしてもらいました。Win95が要ったので。

Posted by: winter-cosmos | 09/13/2006 at 19:20

あっ、金額を聞いて(^^;やめるときは、そのまま返してもらえる約束でしたよ。

Posted by: winter-cosmos | 09/13/2006 at 19:22

ほんと秋らしい色になりましたね。
確かに長く使いなれたものがある日とつぜん使えなくなるとパニックしてしまいますよね。
ステレオが壊れたり、MACがおかしくなったり、デジカメがおかしくなったり…etc…あ〜思い出すといろいろあるなあ。
カメラの時にも思ったけれど、技術の進歩もわかるのですが長年大事に使って来た消費者にも応えてほしいですよね。

古いカメラを直してもらいたくてメーカーに持って行って、直って帰って来たはずなのに出来上がった写真が明らかにおかしい…。
しっかりお金はとられたのに!
ネガごともっていって見てもらっても、壊れてないって言われたことがかつてありました。
んでメーカーもあてにならんな…と思ったことがあります。

どっかに「修理職人」みたいなひとがいればいいのにね。

Posted by: reicom | 09/13/2006 at 20:52

winter-cosmosさん、こんにちは。

フランスっぽいだなんて、ありがとうございます。
なんとなく“栗”っぽいな~と思ってしまっていた私です。

持ち込み修理頑張りたいです。
とにかくこのままあきらめたくなくて、
教えていただいてから、ネットで検索し始めました。
winter-cosmosさんには生活の知恵を随分教えていただいてますよね。
いつも本当にありがとうございます♪

Posted by: a-carl | 09/13/2006 at 21:05

reicomさん、こんにちは。

修理職人!!!
いて欲しいですね~。
職人さんがあちこち触ったりして、じっくり調査した上で
修理不可能というのならきっぱり諦めもつく気がします。

カメラの事、悔しい思いをされましたね。
お気持ちが少しですが、わかるような気がします。
reicomさんのような熱意あるユーザーを
メーカーは大切にしないといけないと、私は思います。

普段はコスト面を大切にしたいのですが
多少回り道をしてでも、直したいものが発生した場合
かなり不便な世の中になっていることを
再認識した出来事でした。

Posted by: a-carl | 09/13/2006 at 21:11

こんばんは。
ウチのオーブンレンジもずいぶん前から電子レンジ機能が使えなくなっています。
でも、a-carlさんと同じく、長く使っているので愛着があってまだ手放さずにいます。
オーブン機能までだめになってしまったら、処分するかもしれないけれど、
今のところ、電子レンジってなければないで普通に生活できるんじゃん。って新たな感覚を見出した感じで楽しんでいます。
親には、働いているんだから電子レンジくらい買いなさい。と言われ、
安売り広告が入るたびに、買え買えと促されているけれど、そういう問題じゃないんだよね。
愛情なんだよね!
だってさ~。タルトの思い出も詰まっいるんだよ。

もう一度、メーカーに相談してみてはどうだろう?
a-carlさんの情熱が伝われば、すごい腕の立つ修理職人を紹介してくれるかもよ。

Posted by: oku | 09/13/2006 at 22:11

こんばんは。残念ですね。
愛着あるもの、とくに形見ともなれば、やっぱり単純に機能だけでは
片付けられないですよね。
昔にちゃんと作られたものって、今軽薄に作ったものと違って、
魂が入ってる気がします。
そういうものは、ちゃんとみてもらった方がいいです。少しくらいお金がかかっても。
電子レンジは高電圧がかかるところがあるので、無理して自分で開けないほうがいいです。

reicomさんが書いてるように、カメラなんかもそうですよね。
私も、きっと職人さんが直してくれるだろう、そういう職人さんに会えるまでは、と、
30年以上前のカメラ(父が愛用していたもの)は捨てられずにいます。

実際には、東京にある関東カメラというお店などは、自分のお店で部品まで
手作りして直してくれるらしいですよ。
なんとなくまだ足を踏み入れることができていませんが。

a-carlさんのレンジも、そういうお店と出会えればいいのですが。
量販店じゃなくて、ナショナルのお店の中でも、職人気質のおやじが
やってるようなお店ってないものでしょうかね。
家電の修理専門店というのもあるようですよ。

Posted by: take1 | 09/13/2006 at 23:32

okuちゃん、こんにちは。

>電子レンジってなければないで普通に生活できるんじゃん。
>って新たな感覚を見出した感じで楽しんでいます。

そうそう!うちも同じ現象が起こっています。

壊れた当初は「使用頻度高いし、困ったな~」と思ったものの
実際困りませんでした。
たとえば、うちはご飯をいつも多めに炊いて、2回くらいに分けて食べているのだけれど
保温が好きじゃないので、炊けたらすぐにスイッチをきる習慣があって
冷たいご飯をレンジでチンできないのは非常に困る、はずでしたが
意外に困らなかったのです。
おにぎりにして、梅干や佃煮があれば、これはこれで美味しいことに気がついて。
夫は冷ご飯+熱い玉子焼きがたまらなくイイ!と申しております。

修理の件、もうすこし、なんとかならないか、ねばってみます。

Posted by: a-carl | 09/14/2006 at 07:13

take1さん、こんにちは。

皆さんの結論をまとめると
求む!“職人気質のおやじ”といったところでしょうか。
イメージで言うと、天空の城ラピュタに出てくるような。

カメラのこともそうですよね。
一概に、昔のものがいい、というのではなくて
自分が愛着を持っているものを大切にしたいという気持ちです。

今回自分が感じた気持ちに自信がなかった
=買い換える事が正論なのかも、と思っていましたが
ちゃんと納得がいく調査をしてからでも遅くはないことに
はっきり自信がもてるようになりました。
ありがとうございます。

Posted by: a-carl | 09/14/2006 at 07:33

こんにちは♪
慣れ親しんだ道具って未練がありますよね。
なにより、おばあさまとの思い出の品となれば尚更、思い入れがあることと思います。
私も昨年にオーブンレンジが壊れて新しいのに交換してもらったのですが、未だに慣れることが出来ずにいます。
性能のいい新商品がどんどん出てくるのは有難いのですが、古い機種の部品などが無くなってしまうのは、どうかと思います。
最近は、修理よりも新品を買うほうが安かったりして、メーカーもそれを進める傾向にありますよね。
でも、慣れ親しんだものに対する愛着や思い出はお金では買えませんもんね。
でもレンジのない生活は不便。
そろそろ決断しないといけないかも(--;

Posted by: あばた | 09/14/2006 at 19:49

あばたさん、こんにちは。

そうですよねー。
愛着や思い出はお金に変えることができないものだったのですよね。
壊れて使えなくなるまで、気づかなかったのですが
ある日突然やってきてしまいました。

もう少しだけ、調査してから決断しようと思っています。
今のところ、不便さも工夫したりして楽しめています。
冬になったらそうは行かないと思うので、早く決断しなくてはいけません。ううむ。

Posted by: a-carl | 09/14/2006 at 23:43

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12317/11876074

Listed below are links to weblogs that reference 慣れ親しんだレンジとの決別?:

« MOS | Main | 朝からの雨 »