« 楽しいX'mas Wreath | Main | Suicaペンギンダイアリー 2007 »

11/30/2006

ほんわかあたたまる

Pa0_0328Pa0_0824大分県へ行ってきました。まずは臼杵市のガーデニングのお店へ。かわいい宿根草を探し、半分くらいゲットできましたが、せっかく会いに来て下さった方たちと、お話できなかったのが申し訳なかったです。ランチはあづさ家さんで念願のふくご膳を!箸置きがふくでかわいかったです。臼杵のふくは肝も食べられるとのことで、楽しみにしていました。肝をポン酢にといて、お刺身でくるっとまいて食べるそうです。くせがなくて、さっぱりとおいしかったです。ランチ後はお会いするのを楽しみにしていたご家族たちと、文化祭の展示を見たり、おうちでお茶をご馳走になったり…本当に楽しかったです。ありがとうございました。
Pa0_0299Pa0_0300夜は別府いやしの湯豊山荘へ2度目の宿泊でした。お宿のお湯はやわらかで本当に大好きです。さらに、宿のすぐとなりにある、別の神丘温泉のどろ湯へ。お店と温泉が直結しており、入るのに勇気が要りましたが、お肌が驚くほどすべすべに!お風呂でご一緒した地元の女性談で「お化粧水もリンスもここのお湯に入れば必要ないくらいでしょ?」と驚くほどの温泉パワーを実感しました。
Pa0_0115帰りは別府の蒸し湯へ。リニューアル前に昔から続いていた蒸し湯にも入ってみたかった…セキショウがしきつめられた、蒸し湯に初めて入りました。私は汗をあまりかけない体質なのですが、ここの蒸し湯に10分入っただけで、ものすごい汗です。薬草なので発汗を促す力があるそうなのですが、それにしてもすごいです。設備も整っていて、手ぶらでもOKでした。
帰りにとよ常でランチをして、塚原温泉へ立ち寄り、由布院でお茶をしました。

あたたかいご家族とお話することで、心があたたまり、珍しい温泉で体もあたたまり…これから本格的な冬がやってきそうですが、乗り切っていけそうです。
寒い日が続きそうですが、どうかみなさんもあたたかくお過ごし下さいますよう。。。

最後に…ふくに関して、Watchyさんたかさんアユナカさんからコメントなどでいろいろ情報提供を頂き、ありがとうございました!

|

« 楽しいX'mas Wreath | Main | Suicaペンギンダイアリー 2007 »

Comments

a-carlさん、こんにちは♪
そろそろ温泉の温かみが嬉しい季節になってきましたね。
温泉の効能、凄いのですね~。
私も汗をかかないタチなので、そういうのに入ってみたいです。

温かいお友達と美味しいお料理。
いいご旅行だったようですね(^^)

Posted by: あばた | 12/01/2006 at 20:52

こんばんは。
>お化粧水もリンスもここのお湯に入れば必要ないくらいでしょ?
すごいですね!是非、一度ごりやくにあずかりたいです。(笑)
九州の温泉めぐりの旅、うらやましいです。(^-^)

Posted by: winter-cosmos | 12/01/2006 at 23:10

あばたさん、こんにちは。

汗をかかないお仲間ですか?
もし、どこかで石菖(セキショウ)をみかけましたら
お試しオススメします。
岩盤浴でも人の半分くらいしか汗をかけない私は
このセキショウの薬草効果にびっくりしましたよ。
入浴剤などがあればいいのに…なんて思っています。
もし発見できたら、ご報告いたしますね!

Posted by: a-carl | 12/02/2006 at 07:02

winter-cosmosさん、こんにちは。

紅葉の記事、うっとりしながら拝見いたしました。
地元の方たちは混雑で大変かもしれませんが
あんなに素敵な景色を眺めながら過ごせるのは羨ましいです。

1週間たったいまでも、温泉効果が持続してる気がするくらい
ツルツル効果がありました。
近い温泉でもお湯の質が全然違ったり、九州のお湯はおもしろいです。

もしいつか九州をご旅行される機会がありましたら、ご一報頂けませんか?
私でよかったらオススメ温泉をお知らせさせて下さい^^

Posted by: a-carl | 12/02/2006 at 07:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12317/12880263

Listed below are links to weblogs that reference ほんわかあたたまる:

« 楽しいX'mas Wreath | Main | Suicaペンギンダイアリー 2007 »