« 忘年会 | Main | やっと晴れた日の夕焼け »

12/12/2006

栗コーダーカルテット

Pa0_0298なんだかすっきりしないお天気が続いております。
みなさんはいかがお過ごしですか?
画像はベトナム風珈琲を飲みながら、ひとやすみしているところです。
先日福岡アジア美術館のあじびホールで行われた、栗コーダーカルテットのライブとワークショップに行ってきました。
リコーダーはきっと誰でも小学校の音楽の授業で吹いたことのある楽器だと思います。
親しみやすくて、たまに吹きたくなるひとは、私だけではないはず(笑)
ワークショップでメンバーの方のレッスンを受けたり、セッション(ってよんでいいのでしょうか?)して感じたことは、音楽は音を楽しむ、ってことなんだ!ってことです。
楽器を演奏するのに、絶対にはずせない、大切な基礎的なテクニックがあります。
だけど、耳で聴いて感じたり、吹いて楽しいなと思うことも大切なんだ、と改めて感じた気がします。
今までの自分の固定観念をとっぱらう、かわいらしくて素敵な生の音に出会えたことに、心から感謝したいです。

|

« 忘年会 | Main | やっと晴れた日の夕焼け »

Comments

栗コーダーカルテット!
NHK「ピタゴラスイッチ」の音楽などで知り、NHK「ななみちゃん」や
「やる気のないダース・ベイダー」で有名になったグループですね。
リコーダーって最近吹く機会がなかなかないですが、
栗コーダーカルテットのメンバーに直接、リコーダーをみんなで
演奏する楽しさを教わるっていうのは、とても貴重な体験だったのでは
ないでしょうか?
何人くらい、また、どういった人たちが参加されていたのか興味があります。

Posted by: take1 | 12/12/2006 at 22:55

こんばんは。

福岡アジア美術館、大好きな美術館です。
ミュージアムショップがかなりツボで、よくのぞきに行きます。
レストランもショッピングも楽しめるし、中心地にありながら
川沿いはゆったりしているので、一人でも楽しめますね。

Posted by: privatecafe | 12/12/2006 at 23:51

take1さん、こんにちは。

私のかわりに詳しくご説明ありがとうございます!
客層はだいたい20-30代くらいの男女半々で
親子づれも多かった気がします。
(お子様むけコンサートもあったので)
MCも興味深かったです。
沢山の知らない楽器について説明して下さったので
とても勉強になりました。
なにより、リコーダーってあんなに沢山種類があったのですね。
小さな小さなものから、男性の背丈より大きいものまで。
目からウロコでした。はい。

Posted by: a-carl | 12/13/2006 at 07:56

privatecafeさん、こんにちは。

福岡アジア美術館、面白いですね!!
私はまだ2-3回しか行ったことがないのですけれど
ミュージアムショップのレベルの高さに驚きました。

九州国立博物館の展示品そっくりな
アジアの影人形劇を販売していたり、
コピー(←いい表現じゃないですね、名画の絵葉書ってすごいです)
ではなくて実物に近いグッズが多く売られている印象でした。

歴史にうとい私でも、九州の大陸に近い文化ってすごいなって実感しています。
独自性のある美術館、博物館が多いですよね!

Posted by: a-carl | 12/13/2006 at 08:04

こんにちは、ご無沙汰してます!
福岡アジア美術館で栗コーダーカルテットのライブあったのですね!!
うわ〜、やっぱり常に色々アンテナはって無いとだめですね。
主人が栗コーダー好きなので、知ったら残念がるかも。。。
知ってたらライブ行ってたかも知れません。
しかもライブの前日に同美術館に居た私。。。(T_T)

Posted by: アユナカ | 12/13/2006 at 16:42

a-carlさん、こんにちは♪
音楽って私にとっては、聴くばかりで自分から発信出来ないものだと思ってました。
楽器が出来る人はいいな~って・・・
でも、リコーダーなら吹けます!!!
そうですよね~。
なにもピアノやギターだけが楽器ってわけじゃないし、楽譜がなくたって楽しめる方法はいくらでもありますもんね。
音を楽しむ。
私も変な固定概念を取っ払って音楽を楽しみたいなって思いました(カゾクニハ、ソウオン?)

Posted by: あばた | 12/13/2006 at 19:57

アユナカさん、こんにちは。

先日はふくの情報ありがとうございました!

清水寺展、ご覧になりましたかー。
後ろ髪をひかれつつ、今回まとまった時間が取れず
まだ観れておりません。
中洲エリアにはめったに行くことがないので
リバレインのロボスクエアに行ってしまいました。
大好きなんですよ、AIBOが。
開発・製作が終わってしまって淋しいです。

アユナカさんは小さなお子様を育児中でも
美術館に行かれたりしてすごいです!
もうすぐクリスマス。今年も楽しくお過ごしのことと思います。
またブログへ遊びに行かせて下さい♪

Posted by: a-carl | 12/14/2006 at 06:44

あばたさん、こんにちは。

その後お体の調子はいかがですか?

笛を吹いたり、ってどこかしかるべき場所でないと
なかなか気軽にはじめられない、垣根が高くはありませんか?
私がそうでした。

栗コーダーのライブ、目からウロコの感動が多くて。
古い楽器のしぶい音を好んだり
色々な楽器を取り入れたり、
一つのリコーダーでいろいろな音の出し方を試行錯誤されたり
基礎を学びつくした方のアドリブの楽しみ方ってすごいな~と。

なまじ、ほんの少しだけ音楽をやっていた私は
『よい音はこうでなくっちゃいけない』っていう固定観念があったようです。(フルート暦6年くらい?)
今回楽しむことの大切さをしみじみ思い出しました。
この気持ちを忘れないように、時々楽しんでみたいと思います。

Posted by: a-carl | 12/14/2006 at 06:58

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12317/13045209

Listed below are links to weblogs that reference 栗コーダーカルテット:

« 忘年会 | Main | やっと晴れた日の夕焼け »