« 無印の | Main | くつみがき »

02/26/2007

むきあう

Pa0_0078週末、バラ栽培の講習会に行ってきました。
バラ=病気や害虫…いうイメージだったので、無農薬栽培に興味があったのです。
特に大切だなぁと感じたことは“毎日、バラの立場にたって考える”です。
植物の小さな変化を読み取り、迅速な対応をされておられました。
例えば、バラの葉が元気がなくなったら、原因追求し、その元から駆除していく…。
相当な経験と努力がいることですし、楽しんだり、好きでなければ続かないこと。
バラの無農薬栽培は難しい…でも、実践できたらとても素晴らしい事!と思いました。
「植物は正直者で、育つ環境に応じて、必ず答えてくれる」という、学生時代の先生の言葉を思い出しました。
植物と向き合っていくということは、自分自身と向き合うことと、少し似ているなぁ…。
講習会終了後、見た青空で、そんなことを考えた週末でした。

|

« 無印の | Main | くつみがき »

Comments

a-carlさん、こんにちは♪
無農薬がいいに決まってるんだけど、やはり大変なご苦労があるのでしょうね。
「お花の立場になって考える」ってやはり愛がなくっちゃ無理かも。
自分と向き合うってことも、そうなのかもしれないですね。
手塩にかけて育てるうちに愛が芽生えて更に深く向き合えるようになるのかも。
自分自身を育てるっていうのも同じなのかなって、丁度そういうことを考えたりしてました。
私は水仙のお花を見ながら・・・
お花って色んなコトを教えてくれるのですね(^^)

Posted by: あばた | 02/27/2007 at 20:00

あばたさん、こんにちは。

そうですよね!
一生懸命かかわっていると、気づかないうちに好きになって
深く関わりあっていけるというか…。
まわりのものすべてに共通していることかもしれませんが
なぜか、自分自身のことを見過ごしてしまいがちのような気がして。

あばたさんが水仙をみて感じられたこと、
それぞれの思いが、お互いいい方向へ向かいますように(^^)
水仙っていい香りですよね~。春を感じるすっきりした香り。
素敵なお花ですね。

Posted by: a-carl | 02/27/2007 at 22:30

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12317/14054438

Listed below are links to weblogs that reference むきあう:

« 無印の | Main | くつみがき »