« 一本の電話 | Main | 包帯クラブ »

09/10/2007

LE CORBUSIER

Photoル・コルビュジエ展を見てきました。
デザイン・建築にうとい私ですが、はまってしまいました。
こんな自由なデザインの建築物が、この時代にあったなんて。
居心地のいい椅子に座り、スクリーンを眺めているうちに、気に入った映像ができてしまい…展示会記録を買ってしまいました。
美術館でも流れてた映像のDVD付でお買い得です。
エリックサティをBGMにCGが展開するサヴォア邸は、ぼーっと眺めてもとても癒される感じがしました。
Pa0_0303久しぶりに会う、デザインをお仕事にしてる親戚に「コルビュジエ展を見てきた~。展示会記録見る?」というと、Casaを貸してくれました。
真剣にコルビュジエを尊敬してた親戚にはいえないのですが、この展示を見に行ったきっかけは、テレ東「美の巨人たち」にごくたまに出てくる、モデュロール兄弟なのです(笑)
お恥ずかしながら、たいてい予備知識なく、美術館に行ってからその偉大さを知るパターンが多い私。
先入観なく、素敵だなと思える気持ちを大切にできるという点ではいいことなのかな?と思うようにしています。
※画像は、美術館にもUAのライブにもつれていった、わかさ農園のきりんパンです。

|

« 一本の電話 | Main | 包帯クラブ »

Comments

a-carlさん、こんにちは!
ル・コルビュジェ展!行きたかったんです、これ~!!
24日までですよね。時間を作って行かなくては・・・
インテリアが大好きな私のル・コルビュジェとの出会いは
建築物ではなく家具でした。
その後、NHKや本で建築を観る機会があり・・・
とても感動したのを覚えています。

でも、先入観なく素敵!って思えること、大切だと思います。
今回a-carlさんも虜にしてしまったル・コルビュジェ。
ますます好きになりました。
が、私もたいていは予備知識なく美術館へ行って偉大さを知る一人です(笑)

Posted by: yuki | 09/11/2007 at 16:20

a-carlさん、こんにちは(^^)ノ
あの黒タイツは確かにインパクトありますからね(笑)

私も建築に疎くて、建築家と言われても名前の出てくる人と言えば知れています。
ル・コルビュジエも聞いたことはありますが、どんなものを手がけられたかは知りません。
先ほどネットで見てみたのですが、ご両親に贈られた「小さな家」がステキだなと思いました。

先入観無く素敵だなと思える気持ち。私も大切にしていきたいです(#^.^#)

Posted by: あばた | 09/11/2007 at 20:53

こんばんはー

この展覧会、あばたさんが書かれている「小さな家」の原寸大模型に
実際に入ることができるというのがとても魅力的ですよね。

部屋をちらかしまくる私にはとうてい住めない家ですが、
なんかとても魅力的に感じてしまいます。

コルビジェが活躍したのが半世紀以上前というのが信じられないですね。
現代の建築家だと言われても素直に信じてしまいそうです。

Posted by: take1 | 09/11/2007 at 22:16

うらやましいです〜!
僕も行きたいっす〜〜〜!

Posted by: イナフ | 09/12/2007 at 11:58

yukiさん、こんにちは。

インテリア好きの方にも
きっとたまらないよさがあるんでしょうね~。

シェーズ・ロング、物凄く座り心地(寝心地?)良かったです。
機能面もおしゃれさも兼ね備えた家具って理想ですね。
でも、最後に価格をみてまたビックリ。
もう、あんなに気軽に座れません。。。(笑)

Posted by: a-carl | 09/12/2007 at 22:07

あばたさん、こんにちは。
わーっ!美の巨人たちの黒タイツ兄弟をご存知だなんて嬉しいです^^
めったに登場しませんよね。
民放のやりすぎ演出って苦手なのですが
あの番組のセンスはとっても大好きで、楽しみです。
いいの?こんな美術品にこの演出!?ってヒヤヒヤしながら、見てます。
今度彼らを観れるのは、いつになるでしょうか。。。

小さな家を素敵と感じるのは
ご両親思いのあばたさんらしいですね。。。

私はバカンスをすごした小屋も気になります。
生活に必要な空間をつきつめて考えられた
小さな休暇小屋は、晩年に作られたようなのですが
大きなものを手がけたあとに、
究極にシンプルで機能的な小屋を作った、というのが
なんともいいなぁと思いました。

Posted by: a-carl | 09/12/2007 at 22:13

take1さん、こんにちは。

小さな休暇小屋、入ってきちゃいました。
カッシーナが再現しているときき、
親戚に報告しなくっちゃとも思ったのです。
実際に、光がどんな風に差し込むかとか
そういったことも再現されてたら
もっともっと素敵だろうなぁとおもいます。

実物大のモデュロール単位を見れたのは
ユニテ・ダビタシオンの模型に入れたことより
私はとっては嬉しかったです。
日本人の規格だったらもう少し小さくなるのかなぁなど
色々考えてしまいましたよ。

Posted by: a-carl | 09/12/2007 at 22:23

イナフさん、こんにちは。

イナフさんだったら、
もしかして興味がおありかもしれない…
展示会記録をお貸ししようと勝手に思っちゃってました。
コメントとっても嬉しいです。
シャンプーも買いに行きたいなぁと思ってましたので
近いうちにお伺いさせてくださいね!
アイスランドのお話も聞かせてください。
あと、観葉植物のことも忘れてませんよ~。

Posted by: a-carl | 09/12/2007 at 22:29

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 一本の電話 | Main | 包帯クラブ »