« 秋のお花 | Main | うすき竹宵 その2 »

11/06/2007

うすき竹宵

Pa0_0531大分県の竹宵を見てきました。
竹を細工し、中にロウソクを灯し、昔の城下町に飾っている様子にとても感動しました。
私が一番見たかったのは、ちいさなお友達が手作りした、この作品です。
Pa0_0536夜に光をともした姿はどんなだったのか、見れなかったのは残念でしたが、こうやって見ることができたことに感謝いたします。
時間制限があってご案内してくださったご家族に申し訳なかったのですが、私達はとっても充実した時間を過ごすことができました。
お友達ご家族のあたたかな気持ちのお陰で、臼杵の町が堪能できました。
そして、ロウソクの自然なゆらぎって、なんて癒されるんだろう…と嬉しかったです。
本当にありがとうございました!

|

« 秋のお花 | Main | うすき竹宵 その2 »

Comments

a-carlさん、こんにちは♪
臼杵という町も竹宵という行事も始めて知りました。
大人から子供まで一緒にお盆を過ごすステキな風習なのですね。
ロウソクの灯火には温かさがありますね。
自然とフェードアウトしていくほんわり、ま~るい灯かりが、心を落ち着かせてくれます。
幻想的な風景なのでしょうね。

Posted by: あばた | 11/07/2007 at 20:43

あばたさん、こんにちは。

大人から子供まで町が一緒になって
楽しむお祭りっていいですね。
気持ちがあたたかくなるような明かりは
そんなところからきていたのかもしれませんね。
地元にこんな素敵な行事があったいいのに
とも思いましたよ~。
あばたさんのコメント、気持ちがこもっていて
そのとおりだなぁっていつも感じます。
ありがとうございます。

Posted by: a-carl | 11/08/2007 at 06:36

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 秋のお花 | Main | うすき竹宵 その2 »