« December 2007 | Main | February 2008 »

01/31/2008

慣れ親しんだレンジとの決別…の続き

長年愛用していた電子レンジが壊れて困っている…という日記を、2006年9月に書いたのですが…
結果からいうと、直りました!
イレギュラーで難しい作業だったにもかかわらず
関わってくださった全ての方々に感謝したく、日記を書きます。

完全に直ったのは、去年の11月くらいだったので実に1年以上、何度もメーカーとやりとりしたことになります。
このレンジにこだわったのはなぜか?
理由は、お金で買えない価値があると思ったからです。

私が機械オンチだからかもしれませんが、納得がいく説明がないまま切り捨ててしまうのはなぜ?と疑問でした。
メンテナンス九州支部にお話してもだめだったので、メーカーへ直接、状況説明したところ「今までの対応は、なさけないですね」といってくださったのが嬉しかったです。
本来なら企業側の人間として、ユーザーに発してはいけない言葉かもしれません。
でも、彼の言葉には気持ちがこもっており、誠実さが感じられ、こんな技術屋さんがいるなら、信じてみようと思えました。
私はこの「レンジが直る」ことよりも、この「レンジが好き」だということをメーカーに知ってほしかったのです。
決して、メーカーを困らせたり、無理なお願いを通すつもりもなくて、本件をただ純粋にデータとして、今後に生かしてもらえればと。

モノが壊れたら、捨てて、新しいものを買う…
今では当たり前のことですし、そちらの方がよいこともあります。
古いものにこだわるつもりもありません。
だけど、まわり道を選びたい人には選択肢も残して欲しい、と私は思います。

修理にたずさわって下さった皆さんのお陰で復活し、今まで通り使うことができるようになりました。
直接またはこのブログで相談に乗ってくださった人たち全ての方にも、感謝しております。
この場をお借りしてお礼を申し上げたいです。
本当にありがとうございました!!

| | Comments (6)

01/27/2008

冬の植物

Rose1寒いといいこともあります。

冬は切花の持ちがいいですね。

花瓶をきれいにあらい水を替えて、お花のしおれてしまった部分をとり、茎の切り口を新しくするだけで、花持ちの長さが違います。(と、わかってはいるつもりですが、不精な私はそんなにマメにできていません)
このお花なんて、20日位たった今も元気…これはすごいなと。

フイルムがあまったので、バラの水換えをパチリ。
冬の剪定で切られてしまったお庭(あ、我が家に庭はないですよ)のバラは、枝が自由な感じで好きです。

080119_14580001080119_15010001出先でお散歩していたら、桜の木の下に水仙の葉っぱがにょきにょきと。
季節的に好きなので、木のしたの枯れ葉から球根植物が顔をのぞかせる…というだけで、幸せです。
この水仙の蕾が花ひらく姿を想像して、ニヤニヤしてしまいました。
付近には、紅葉した野いちごも発見、なんてきれいな色なんだろう…と感動です。
一見地味にみえる冬の植物たちにも、なんともいえないよさがあるなぁと思いました。

| | Comments (5)

01/24/2008

鬼夜

Oniyo大善寺玉垂宮にて。
ちょっと心配になるほど燃えており、すごい迫力…。
この日はまだ暖冬でしたが、ここ数日冬の寒さがやってきました。
これが本来の気候なのかなと思うと、少し安心します。
でも、寒い~。少しだけでもあたたかい気持ちになってもらえたらと思い、アップしてみます。
寒いと、あたたかさのありがたさが身にしみますね。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

01/21/2008

保存版

080121_10300001私の住んでいるところは、大きい書店であろうと関係なく雑誌の発売日が2-3日遅れます。大ー好きな九州ですが、このことだけはサミシイ。
発売日がすぎても、すぐに読めないジレンマ。つらい数日間を過ごしました(笑)
きわめて個人的な理由で、カメラ日和3月号を楽しみにしておりました。その理由はおいといて。
楽しみにしていた記事と同じくらい、今回の特集「シャシンの教科書」は興味深い内容でした。
写真のことがわかってない私にとっては、分かりやすく書いてます。
こんなイメージの写真は、こう撮る、こうプリントをお願いする…みたいなコツが学べる、○○写真レッスンが特に面白かったです。
ブログをしている人にも役立つのでは?と思います。
私の中で、保存版の一冊です!

カメラ日和 Vol17.2008 3月号
第一プログレス 2008/1/19

| | Comments (2)

01/18/2008

木喰展

080108_15080001友人のお誘いで福岡市博物館へ行ってきました。
以前「NHK美の壺でやってたよ」と教えてもらい予習してみると、その放送回は観ていたものの、記憶に強く残っていたのは、ざっくりした円空仏の方でした。
Mokujikiでも、実際に展示をみてみると、自分でも不思議なほど、木喰仏に引き込まれました。
江戸時代後期にただ、ひたすら人のために仏様を掘り続けた生涯。
大きなお寺に所属することもなく、全国を旅しながら、自分のことはさておき、もくもくと仏様を作る。
どんなに過酷な旅だったのか、想像もできないほど。
それなのに、歳を重ねるごとに、仏様がどんどんなめらかに、お顔は微笑を増すように見えました。
献身的という言葉をはるかにこえた、人生。
こんな人が実在したということだけでも素晴らしい。
この展示をみて、私にはとても難しいことだけれど、ほんの少しでもいいから、自分の心を見直せたらいいなと思いました。

| | Comments (2)

01/05/2008

いちごの日

080105_23360001遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
今年も幸せな一年でありますよう、お祈り申し上げます。

4年前の今日、私はブログを始めました。
始めた当初、何も知らず(今も知りませんが)そして気軽にはじめたもので…正直こんなに続くなんて思ってもなかったです。
何度か同じことを書いておりますので、ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが…
a-carlは愛猫の名前と自分の名前です。
strawberryという名前も、食器棚にあったカップをちらっと眺めて決めてしまいました。
いちごは見た目も食べるのも大好きで、ネットで今日1月5日は“いちごの日”と書いてあるのを発見し、そうなんだ~、と嬉しくなり日記を書いています。
080105_14570002うちのベランダで、小さな小さなお花が、こぼれ種から花開いているのを、偶然今日発見しました。
ささやかだけど、自分にとっては大きなこと。思いがけず嬉しい出来事は、少しだけブログにも共通しているかもしれません。

飽きっぽい私がこれだけブログを続けてこれたのは、ここで出会ったり、遠く離れた場所からコメントを下さる皆さんのお陰だと思います。
実際に会ったことがある方も、そうでない方にも本当に感謝しております。
私のつぶやき日記なんて公開する意味があるのかなぁ、って今でも思いますが、気がついたら…知らないうちに、お陰様でいいことも沢山でした。

いつもありがとうございます。
こんな私ですが、これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

追記:
書こうと思って忘れてました。
ブログを見てくださってる方から「a-carlってなんて読むの?」って聞かれたことがあります。
一応エイカール、という読み方を考えてます。

| | Comments (14)

« December 2007 | Main | February 2008 »