« 鬼夜 | Main | 慣れ親しんだレンジとの決別…の続き »

01/27/2008

冬の植物

Rose1寒いといいこともあります。

冬は切花の持ちがいいですね。

花瓶をきれいにあらい水を替えて、お花のしおれてしまった部分をとり、茎の切り口を新しくするだけで、花持ちの長さが違います。(と、わかってはいるつもりですが、不精な私はそんなにマメにできていません)
このお花なんて、20日位たった今も元気…これはすごいなと。

フイルムがあまったので、バラの水換えをパチリ。
冬の剪定で切られてしまったお庭(あ、我が家に庭はないですよ)のバラは、枝が自由な感じで好きです。

080119_14580001080119_15010001出先でお散歩していたら、桜の木の下に水仙の葉っぱがにょきにょきと。
季節的に好きなので、木のしたの枯れ葉から球根植物が顔をのぞかせる…というだけで、幸せです。
この水仙の蕾が花ひらく姿を想像して、ニヤニヤしてしまいました。
付近には、紅葉した野いちごも発見、なんてきれいな色なんだろう…と感動です。
一見地味にみえる冬の植物たちにも、なんともいえないよさがあるなぁと思いました。

|

« 鬼夜 | Main | 慣れ親しんだレンジとの決別…の続き »

Comments

この時期になると、植物が春の備えをしている姿を見掛けるのが
なんだかとてもうれしいです。

そういう意味で水仙の写真はツボ。

Posted by: take1 | 01/28/2008 at 17:14

a-carlさん、こんにちは♪
切花の持ちの悪さを暖房のせいと思っていたのですが、手入れの悪さなのですね・・・反省です(-。-;)
冬はお花が少なくて寂しいって思ってましたが、よく見ると、冬を越す植物たちの懸命な姿が美しいことに気付かせてくれたり、緑の新しい葉っぱが春の訪れが近いことを教えてくれたり、私たちを十分楽しませてくれてるのですね。

Posted by: あばた | 01/28/2008 at 20:58

>take1さん
備えの姿もまたいいですよね。
木の枝たちの芽が、まだ固いのに
冬とは全く違う気がするのです。
もくもくと頑張る気合が伝わってくるような。
じっと動きがないように見える冬こそ
植物にとって大切な季節なのかもしれませんね。

>あばたさん
そうです!温度もとても大切ですよね。
暖房のことにふれて下さりありがとうございます!!^^
この長持ちしたお花は
玄関の寒いところでの温度でしたよ。
冬の植物もなかなかいいです。
たまに気がついて、はっとします。

Posted by: a-carl | 01/28/2008 at 22:19

こんばんは♪
うちでもムスカリがニョキと出てきていたり
ブルーベリーの芽も小さいながら頑張っておりますよー。
こんなに寒いのに。
ちゃんと分かってるんだなーって毎年感動します。

Posted by: yuki | 01/29/2008 at 18:07

yukiさん、こんばんは。

ムスカリや球根植物の芽って
春のおとずれというか、わくわくします。
ちいさいブルーベリーの芽も、
ここから葉やお花になるんだと思うとすごいですよね。
おっしゃるとおり、
自然ってすごいなー、って私も感動するときがあります。
ただだまって、もくもくと頑張っている気がします。

Posted by: a-carl | 01/29/2008 at 22:28

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 鬼夜 | Main | 慣れ親しんだレンジとの決別…の続き »