« クラヴィコードの植物文様 | Main | 別府へ »

03/26/2008

FUJIFILMのスキンケア

私にしては珍しく、続けて日記を更新しようとしていたら、ココログのメンテナンスが行われていたようでした。
メンテナンスも大変だろうなぁと思います。ニフティさんお疲れ様です。

080319_11260002お世話になっている方から、エフスクエアアイとアスタリフトを送って頂きました。
「どうして富士フィルムがスキンケア?」とずっと疑問に思っていましたが、使ってみるとなかなかいいです。
私はお化粧品にうとく、興味も薄い方です。なおかつ敏感肌なので、たいていのスキンケア用品は途中で挫折します。
途中で肌に合わなくなって、使えなくなることもしばしば。
でも、この二つは大丈夫。アレルギーになることもなく安心できました。
個人差があるので、なんともいえませんが、使い心地もさらっとして、肌がきめ細かくなったような感触があります。
お化粧品特有の華美な瓶とか香りとか、イメージのためのモデルを使ったパンフとか、実はニガテなので、さっぱりした包装も、中身重視で頑張ってますよー、と堅実な感じがして気に入りました。

最近、紫外線が強くなってきて日焼け止めを使い出したので、肌がかさつくなー、と困っていました。アスタリフトの潤うけどベタつかない感じも助かります。
自分に合うスキンケアが見つかりそうで、嬉しいです。

|

« クラヴィコードの植物文様 | Main | 別府へ »

Comments

こんばんは。
一番最初に出たエッセンスが、とっても良かったのですけど、今はサイトにありませんね。
「エフ スクエア アイ インフィルトレートセラム リンクルエッセンス」と言う名前です。
初めはサンプル配付もしていたと思います。機会があればお試しを。

Posted by: winter-cosmos | 03/26/2008 at 20:36

winter-cosmosさん、こんにちは。
早速お使いになってたのですね。
お知らせありがとうございます。
こんな風に情報交換できることがとっても嬉しいです。

調べてみました!これですよね?
http://www.cosme.net/product/product/product_id/2904251

自分に合ったスキンケアを探せるかも…と思うとありがたいです。
まずは、試せる機会を探してみますね。

Posted by: a-carl | 03/26/2008 at 21:23

見た見た〜。
私は新聞広告でみかけましたよ。(ちゃんとは見てないですが)
ちょっとびっくりしました。

カメラ…写真…モデル…美肌つながりなんですかね?
私もこんどちゃんと見てみようかな。
よくわかんないコメントですみません。。。

Posted by: reicom | 03/27/2008 at 10:47

a-carlさん、こんにちは♪
富士フィルムからお化粧品が出てるなんて知りませんでした。
私は超乾燥肌なので「潤う」という言葉に弱いです。かといってベタつくのも嫌。
これ、よさそうですね。
UVクリームは肌への負担が多いようなので私も苦手です。今年は特に肌が敏感になってるようなので躊躇してます。
ちゃんとフォローしてくれるお化粧品があるなら安心ですね d(^_^o)

Posted by: あばた | 03/27/2008 at 21:00

reicomさん、こんにちは。

なぜ、フジがヘルスケア?
と私も本当に本当に不思議でした。
パンフレットには「フィルムの抗酸化テクノロジーを美しさづくりへ」って書いてありました。
写真プリントの技術を生かしているんでしょうね。

このお化粧水たちは、本当にいいです。
よかったら、reicomさんもお試し下さい。

でも…もしかしてなのですが、reicomさんのお気持ちと私の気持ちはたぶん一緒ですよね。
今度お話したいです。

Posted by: a-carl | 03/28/2008 at 08:41

あばたさん、こんにちは。

きんぴらごぼう、作りました。
あばたさんのレシピどおり、調味液も配合して、鰹節をたっぷりいれて。
これだけでご飯が食べれる!と夫大絶賛。
夫もあばたさんのファンのようです。ありがとうございます。

>「潤う」という言葉に弱いです。かといってベタつくのも嫌。

このお気持ち、とってもわかります!!

私の使った感触は、お化粧水をつけたあとだけ潤うのではなくて、つけた時の状態がずっと長持ちするという感じです。
パンフレットに書いてあるコンセプトには
「必要な成分をバランスよく配合し、狙った場所に、適切な形で届ける」と書いてありました。

さっぱり、だけど潤うのがお好きなら、なかなかオススメだと思いますよー。

Posted by: a-carl | 03/28/2008 at 09:04

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« クラヴィコードの植物文様 | Main | 別府へ »