« February 2008 | Main | April 2008 »

03/26/2008

別府へ

先週末は温泉めぐりのプチ旅を満喫しました。
県外から我が家へ泊りにきてくれた客人の希望は「温泉」「関アジ」とのこと。
080322_13080001まずは別府SAで別府湾を一望し、豊後アジを堪能しにとよ常でランチしたあと、竹瓦温泉周辺を散策し、鉄輪むし湯へ。
昨年11月に来た時は、もっと入っていたい~って思ったくらいですが、今回10分間が長かった…。
でも、新陳代謝の悪い私にとってここの発汗作用は本当にありがたい。
ランチ後時間を空けずにきてしまったことが原因なのか、温度が今日は高かったのか…しょっぱなへろへろになりました。
予定では次の温泉に向かうはずでしたが、少し観光でも…ということで海地獄を見学。私はここの熱帯睡蓮のハウスが結構好きです。
080322_17170001岡本屋の蒸しプリン。
窓際に座って、温泉をながめながら一休みしました。
景色を眺めていると、細い道にはちわれの猫がいるのが見えて、会いにいってきました。
別府と猫はなぜか似合う。いい感じです。
080322_15160001初めて行った温泉。客人には悪いけれど、私達が行きたくて山道を少し歩かせてしまいました。
ここで先に入浴していた、地元の方が別府の秘湯が最近観光客に荒らされて悲しい、とおっしゃっていました。
私も観光客の一人として、入浴のマナーを守ることの大切さを再確認。
そして、別府の人たちが、地元のお湯を大切に守っておられる心があるからこそ、別府のお湯は素晴らしいのだなぁと思いました。
このあともいくつか温泉をめぐりましたが、やっぱり手作り温泉がよかったと客人も喜んでもらえて、私まで嬉しいです。
温泉めぐり、どんどんはまっていく私です。

| | Comments (7)

FUJIFILMのスキンケア

私にしては珍しく、続けて日記を更新しようとしていたら、ココログのメンテナンスが行われていたようでした。
メンテナンスも大変だろうなぁと思います。ニフティさんお疲れ様です。

080319_11260002お世話になっている方から、エフスクエアアイとアスタリフトを送って頂きました。
「どうして富士フィルムがスキンケア?」とずっと疑問に思っていましたが、使ってみるとなかなかいいです。
私はお化粧品にうとく、興味も薄い方です。なおかつ敏感肌なので、たいていのスキンケア用品は途中で挫折します。
途中で肌に合わなくなって、使えなくなることもしばしば。
でも、この二つは大丈夫。アレルギーになることもなく安心できました。
個人差があるので、なんともいえませんが、使い心地もさらっとして、肌がきめ細かくなったような感触があります。
お化粧品特有の華美な瓶とか香りとか、イメージのためのモデルを使ったパンフとか、実はニガテなので、さっぱりした包装も、中身重視で頑張ってますよー、と堅実な感じがして気に入りました。

最近、紫外線が強くなってきて日焼け止めを使い出したので、肌がかさつくなー、と困っていました。アスタリフトの潤うけどベタつかない感じも助かります。
自分に合うスキンケアが見つかりそうで、嬉しいです。

| | Comments (6)

03/25/2008

クラヴィコードの植物文様

080319_19500002福岡赤煉瓦文学館で行われた、クラヴィコードの植物文様を友人のお誘いで聴いてきました。
植物の電位変化をコンピュータでデータ化し、更に楽譜に直したものを、演奏する…と私は理解したのですが、難しくて実はよく理解できませんでした。
クラヴィコードは、昔練習用に作られた、小さな繊細な音の楽器。
演奏が始まると、心地よくなってしまい、疲れていたわけではないのに…つい、ウトウトしてしまった私。
リラックスできる音なのでしょうね。
言葉にするのが非常に難しいのですが、海の底からの水が湧き出ているような、断片的な不思議な音。音楽というより、自然の音のような印象でした。
植物がつむぎだす、音を聴けるということはとても貴重だなぁと思いました。誘ってくれた友人に感謝です!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/18/2008

最近おいしかったもの

080316_12170003あばたさん一口カツ・胡麻ソース
揚げ物を作るのがニガテな私は極力避けてきていました。
でも、あばたさんのこのレシピなら、オーブンで一口カツを焼いている間に、付け合せの野菜とお味噌汁を準備できます。
揚げ油を使わないので、後片付けまで、さっとできるのが、助かります。う~ん。エコです。
あばたさんの紹介されている、簡単で美味しくヘルシーなレシピ…いつもありがとうございます。
080315_08130001わかさ農園の黒豆うずまきとくるみパン。
黒豆のやさしい甘さがなんとも美味しいです。ビバ黒豆。
油断して、ちょっと焼き戻しすぎちゃったけど、ホカホカなパンを食べると幸せになります。
080314_16080002春の野菜は、季節独特の苦みもあって、そこが美味しい。
ふきのとうの旬には少し早いけど、これからが楽しみ。野菜即売所で買ってきた野菜たちを蒸して、ワシワシと食べています。
お料理熱が停滞気味でしたが、最近だんだんやる気が出てきたような気がします。
これも、おいしいものたちのお陰かもしれません。

| | Comments (4)

03/15/2008

のんびり。

080315_15210001いつものスイートイナフさんへ。
ずっと髪を切ってなかったので、気持ちも軽くなって嬉しい。
夫婦そろって、髪のことその他もろもろ丁寧に相談にのってもらい、こんなに親身に対応してくれる美容室を、私は他に知りません。
今日も「しまった、あの気になるデジカメの話をもっと聞いておくんだった。シャンプーも買い忘れてしまった。」などと、思わず引き返しそうになったくらい。近いうちにまた寄らせてください。
私にとっては、底抜けに居心地がいい場所なのです。
080315_15440001帰りに寄り道をしていると、いつもチェックしている木のヤドリギに、花のようなものを発見。
数年越しで観察しておりますが、まだ実がなっているのを見たことがないので、今後を見守ろうと決心しました。

今日はのんびりな週末。春っていいな。

| | Comments (4)

03/13/2008

ウィンティー

080313_16010001ライムグリーンのさくら草、ウィンティーの蕾が開きました。
ライムグリーンというよりは、ひよこ色みたいな薄い黄色ですが、去年育てた感じでは、しばらくするとだんだん緑がかってきます。
季節らしからぬお花が多くなっている昨今、植物はその季節に似合ったものがいいなと思う今日この頃。
さくら草といえば、桜色を連想しますが、この花のこの色はなんだか春らしくて、かわいいです。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

03/06/2008

出島

List遠く離れたところに住む人から「黄砂は大丈夫?」とメールをもらった日、私は高速バスに乗り、日帰り長崎の旅へ行ってきました。

雑貨屋さんのListへ。

入り口からワクワクしてしまうような、素敵な年月を重ねてきたビルの一室にありました。
シンプルで、生活に使いやすそうなものたちが、丁寧に並べられたお店の中は、居心地がよかったです。
080303_15170003窓からは出島和蘭商館跡の庭に、2匹の猫が仲良く並んでお散歩している姿が見えました。
窓の景色が一部にとけこむような、ゆったりとした空気がながれているな~、と思いました。
Dejima1Dejima2お店を出て、出島和蘭商館跡の中の、昔オランダ商館長が事務所や住居として暮らしていた部屋を見学しました。
日本と西洋の文化がいい感じに混ざっていて、面白かったです。
壁紙はカラフルなのに、不思議と和のテイストにしっくり馴染んでいました。
当時の生活もわかりやすく説明しており興味深かったです。

あっという間の長崎の旅。すぐに再訪したいなぁと思う楽しい一日でした。

| | Comments (4)

« February 2008 | Main | April 2008 »