10/13/2005

パリノルール

PA0_0471お気に入りblogのpetite_noriさんがフランスに関する素敵な本を紹介されていたので、私も一冊。
パリノルール。この本は私のように、海外の文化に憧れているけれど、語学はマスターできず、でもでも行きたいっ!という初心者にオススメです。
まず、数や単位のフランス語が聞き取れなかった!ユーロのコインにも最初はとまどい、サンチームにも慣れず、前日確認までしたのにもかかわらず、早朝のC線では、電車は動いて行き先表示がストップという事態に、面食らったり…お惣菜売り場で並んで、まごまごして横はいりされたり…
そんな私はパリに行ったとき、この本があれば、楽しみ方がかわっていたかも。。。
私は海外旅行経験が少ないし、できればいろいろな文化をみてみたいため、同じ場所は行く余裕がないはずなのですが、パリとイタリアのフィレンツェだけは、必ず再訪したい!と思っています。
その時までに、このパリノルールは熟読しなくては…。


| | Comments (6) | TrackBack (0)

04/08/2005

Bercy

Bercy-1
メトロ14番Cour St-Emilion駅を降りた辺りにある、ベルシー・ヴィラージュです。
かつてのワイン倉庫を再開発して、お買い物からお食事できる所など、いろいろお店がはいっています。
ここでは園芸店→花の種&球根、植物の雑誌を購入、そしてペットショップ→日本ではあまりない猫のおもちゃに感動☆などでちょこちょこ買い物をし、OLIVIERS & CO.→お友達にオリーブオイルの石鹸をお土産に買いました。
ここの夜の景色、とてもきれいでした。(画像はクリックで大きくできます)
外で食事をするひとたちが、とても気持ちよさそうに見えました。
この景色を最後に、私のパリ旅行報告をおしまいにします。
長いつたない報告を読んでいただいた方…本当にありがとうございました。
Bercy-2Bercy-3Bercy-4

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Paris おいしかったもの

eat-2eat-3eat-4
今回の旅行でモンサンミッシェル以外、お店で食事はしませんでした。
お天気も良くて、パンとお惣菜を買って公園で食べるが楽しくて。
MONOPRIXなどで対面式のお惣菜売り場では、私の注文もたどたどしい感じでしたが、なんとか食べたいものは手に入れることができました。
もっとこういうお買い物に時間が取ればよかったなーって、後から思いました。
いつかまた来れたら、頑張ろう!

Lotour-Maubourg2Lotour-Maubourg1Lotour-Maubourg3
パリに旅行に来る前にmiyaさんにだいぶお世話になりました。左はmiyaさんのおすすめバケットのお店Julienです。
しかし私のスケジュールの組み方のミスで、残念なことにお店はお休みでした。
フランスではイースター休暇でほとんどのお店がお休みだったのです。
それでもいいからお店の前まで行ってみよう!という写真たちです。
この辺りはPoujaranというパン屋さんもあり、公園や街並みの雰囲気も良くて、歩いていてとても楽しかったです。
miyaさん、いつも本当にありがとうございます!(T_T)
Paques-1
最後にそこらじゅうでイースターエッグをモチーフにしたチョコが売られていたのでその画像を。
このお店は違うお店ですが、ラデュレでマカロンと一緒に買おうか買わないか、迷った結果割れてしまいそうで諦めました。結局マカロンも割れちゃったのですが、帰ってきて皆で食べたところ大好評でした。

余談ですが、お買い物をするときにとても挨拶が大切だなーって感じました。
お店に入るときには「Bonjour!こんにちは」出るときには「Merci.Au revoir!ありがとう、さようなら!」と挨拶するのが、なかなか恥ずかしくて。
でも挨拶をきちんとすると、お店の人も優しく接してくれたような気がします。。。私の気のせいかもしれませんが(笑)
こちらが礼儀正しくしようと努力すれば、向こうにも気持ちが通じたのか、「ニコッ」って笑ってくれたりするのが、とても嬉しかったです。
笑顔って、言葉とかそういうのを超えたコミュニケーションだと今回で学びました。ちょっと大げさでしょうか?


| | Comments (6) | TrackBack (1)

Versailles

Versailles-1Versailles-2Versailles-6Versailles-4Versailles-5
ヴェルサイユ宮殿へ行った国鉄C線の列車とヴェルサイユリブゴージュ駅です。メトロはわかりやすいのに国鉄の乗り方は調べるのに少し苦労しました。フランス語がわからない私に最初はちょっと面食らっていたけれど、だんだん打ち解けてくれた親切な駅員のかたに、感謝します!
宮殿は混雑すると聞いていたのでオープンと同時にカルトミュゼで入りました。どうしてこんな豪華な建物が作れたんだろう?と感心してしまうくらいの建物でした。本当は宮殿よりも庭園を楽しみにしていましたが、曇り空になってきてしまったのであきらめました。それにしても広い広い敷地にびっくりでした。下の段右の乗り物は庭園の半分以下の敷地を回る乗り物です。45分くらいかけて一周します。マリーアントワネットのお庭、見てみたかったー。残念です。

| | Comments (70) | TrackBack (0)

04/07/2005

Mont St-Michel

mont_stmichelパリから片道約400kmの旅モンサンミッシェル修道院へ行ってきました。修道院が砂地から高く浮かぶ姿は本当に神秘的でした。
どうやってこんなを建設したんだろう、って考えさせられます。
アクセスですが本当は鉄道TGV+バスの個人旅行にしたかったのですが、事前に調べた結果、色々考えて旅行会社のバスツアーにすることに。
のんびり窓の外を眺めながらの長旅のバスツアーになりました。
外に見える景色の素晴らしいこと。羊の放牧、木についているヤドリギが印象的でした。

mont_stmichel3mont_stmichel4mont_stmichel5
観光地だけあって、郵便局の看板もとてもかわいかったです。
ランチは名物のプーラールのふわふわオムレツやムール貝をご馳走していただきました。オムレツ自体に味はあまりありませんでしたが、何事も経験です!?ムール貝やシードルもおいしかったです。
修道院までの細い道に沢山のお土産屋さんが連なっていました。
人ごみをかき分け、実際に入ってみると、数世紀の間増築を繰り返した建物のため、時代の流れを感じられずにはいれません。
苔むしている城壁から、干潟の遠くまで見渡していると、自分はいったい今どこにいるんだろう?と、なんとも不思議な感覚がしました。

normandie-3normandie-4normandie-1

モンサンミッシェルへ行く途中でノルマンディーのウーロンアオージュに立ち寄りました。
バスから見える景色も素敵でしたが、村に立ち寄れたほんの少しの時間がとても印象に残りました。
樫の木で作られた木骨組のおうちがなんともかわいらしかったです。
リンゴが名産ということで、シードルを購入し、絵葉書を買いました。バスの中でお世話になった人たちにお手紙を書いたりしました。

かなり移動時間が長い一日でしたが、ここに来ることが出来てよかった!と思える日でした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

04/06/2005

Paris お決まりの…

EiffelEiffel-2パリといえば憧れのエッフェル塔です。
街を歩いていて見えるエッフェル塔も素敵でしたが、シャンドマルス公園からどーんと見えるのも、嬉しかったです。
意外にもパリの象徴とも思えるこの塔の建設も、最初は住民の猛反対にあったそうです。
20年という存続期限でようやく許しが出たそうですが、取り壊しのころ発明された無線通信の利用価値があるとわかり、存続が決定したそうです。長い年月の間に、パリの人たちもだんだんエッフェル塔が好きになったそうで、現在に至っているようです。
もしかしたら、取り壊されていたかもしれないなんて、ちょっと想像できませんでした。
夜のライトアップも素敵でしたが、時間によってキラキラと点滅する姿もとてもきれいだと思いました。
凱旋門の長い階段を上がって、遠くから見たエッフェル塔はその瞬間、シャンパンのあわのようにキラキラしており、感動しました。(クリックすると画像が大きく見えます。この画像はデジカメです。)
これでも夜の8時に撮影したのですが、まだ明るいですね。

MontmartreMontmartre-2白く見えるのはモンマルトルの丘の上に立つ、サクレ・クール聖堂です。
いいお天気で白い建物が青空に映えて見えました。
ここは本当に沢山の人でごった返していて、たどり着くまでに沢山の勧誘?があったのですが、覚えた言葉Non merci!「いいえ、結構です」が役に立ちました(笑)左側の画像の丘を下る時の階段もなんだか素敵でした。
こんな風に景色一つ一つに喜んでしまっていた私なのでした。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

Paris Segway

Louvre-2余談なのですが、ルーヴル美術館からの帰り、かわいらしい乗り物に遭遇しました。そのとき名前を知らなかった私ですが、帰国してから、いろいろな人に教えてもらったところ名前はSegwayというらしいです。
(リンク先の情報が古くてごめんなさい。)

くるくると走り抜けていく、かわいいような、かっこいい少年達を見て「あぁ、私は外国にいるんだなー」って思ったのでした。
こういうの、興味ある人は面白いと思いそうですよね。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

04/05/2005

Paris 美術館

Louvre
沢山ある美術館の中から、行きたかった候補はルーヴル、オルセー、オランジュリー。
残念ながらオランジュリーは4年間もずっと改装中ということで、前者2つに行ってきました。

ルーヴルでは、有名な作品を駆け足で見ただけでしたが、情報通り本当に広くてびっくりでした。
そして宮殿のうつくしいこと、その豪華さとはうらはらに足元が地面のまま(砂利道?)だというギャップも、日本の造園業ではありえないなーって、感じました。
コの字型の宮殿にそれぞれ名前がつけられており、方向音痴な私はガラスのピラミッドを頼りに、地図とにらめっこ。
モナリザ、ミロのヴィーナス、モトラケのニケ…あまりに有名な作品を目の前で見ることができたことに感動!
特にミロのヴィーナスには、古代からこんな完璧なな美しさを作れたことに驚きました。

Orsay-1Orsay-2今回の旅行で一番行きたかった場所、オルセー。
かつて駅→ホテルとして使われた後、現在の美術館になったそうです。建築物の面白さも楽しめました。
画像左は現在も動いている、時計を裏からみたところ。右は美術館内のカフェです。作品を少しでも見たかったので、お茶はしませんでしたが、窓の外からパチリ。
印象派が多く展示されているオルセーではやさしい、ふんわりとした好きな感じの作品が多くて、とても嬉しかったです。
オランジュリーで見たいと思っていたモネのNympheasもここで見れました。
絵に夢中で一人の世界にに入り込みたい!って気分になりました。
ジヴェルニーの庭園、いつか必ず訪れたい場所になってしまいました。

そしてパリの美術館・博物館を巡るときに便利だと思ったのが、カルト・ミュゼです。
目的の計画によってよしあしは変わってくると思いますので、詳しくはこちらを参考になさってください。


| | Comments (4) | TrackBack (0)

04/01/2005

Paris ディスプレイ

FH000002

パリ一日目、朝早く目覚めたのでホテル周辺をお散歩したのち、メトロに乗ってマドレーヌ広場へ。
時間に余裕があったので、少しだけお買い物をすることにしました。
クッキーをラッピングしてもらっている間「お店の写真を撮ってもいいですか?」とおそるおそる尋ねると、にっこり笑って、いいですよと了解してくれたスタッフのかた。
フランス語がまったくわからない私は、挨拶とほんの少しだけの言葉しか覚えられませんでしたが、それでもコミュニケーションがとれたような気になって嬉しかったです。
挨拶については後ほど述べたいと思いますが、本当に大切なことなんだなーって実感しました。


FH000003FH000004写真を撮らせていただいたお店はマドレーヌ広場にあるHEDIARDです。
紅茶、ワイン、チョコレート、クッキーetc,様々な食品を取り扱っていました。
このあたりには沢山素敵なお店がありましたが、どのお店もディスプレイのおしゃれさに感動してしまいました。
めちゃめちゃカラフルなんだけど、見事に色が調和していたり。
古いものと新しいものが斬新に組み合わさっていたり…。
このお店だけでなく、いろいろなお店で見たことのないセンスに感動してばかり。
街を歩けただけでぽわーんと幸せになってしまった私なのでした。


| | Comments (13) | TrackBack (0)

03/31/2005

ありがとうございました

PA0_0111
旅行から帰ってまいりました。
たくさん歩き回ったパリの街はとても素敵でした。
たとえ観光場所に行かなかったとしても、公園に座ってバケットをかじっているだけで、幸せでした。
少しのんびりとして、この気持ちを忘れないうちに記事にしたいと思います。

しばらく更新もできなかったのに、コメントくださったり、訪れてくださった方々、どうもありがとうございます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)